*

『第1回 誠 ビジネスショートショート大賞』に応募しました!

夢に向かってまっしぐらな小説家志望ブロガーこと@toshi586014です。

 

絵:ゆのきさん(@yunokixxx)サンクス!

 

先日、この記事↓で宣言したとおり、『第1回 誠 ビジネスショートショート大賞』に応募しました!

 

『第1回 誠 ビジネスショートショート大賞』に応募します!小説家を目指してまた一歩進むぞ! | はれときどきくもりZ

 

記事を公開してから、たくさんの方々から応援のメッセージを頂戴しました。その言葉の一つ一つが、創作の糧となり、無事に応募することができました。ありがとうございます!

 

今日(2012年9月24日)が締め切りなので、昨日の夜に完成させました。そして、今朝になって新鮮な気持ちで最終チェックを行いました。

そして、ドキドキしながらメールを書き、「ぽちっとな」と送信ボタンを押しました!

公表していいのか分からないので、応募作のタイトルはまだ秘密ですが、今回は二作品を応募しました。

今の気持ちを一言で表すと、人事を尽くして天命を待つ、です。今回やれることはやったので、どのような結果でも受け入れます。そして、その結果を今後の創作活動に活かす所存です。

何だろう、この気持ち。
宝くじの当選結果を待つ感じ。それとも、元旦にポストを開けて年賀状を見る気持ち。そんなドキドキともワクワクともつかない、不思議な気持ちです。

結果が待ち遠しい!

結果はこのブログで公開するので、お楽しみに。入賞できれば、こちら↓の『ビジネスメディア誠』でも公開していただけます。

 

Business Media 誠/ニュースを考える、ビジネスモデルを知る

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【関連する記事】

ブログを移転しました!新生ブログをよろしくお願いします。 | はれときどきくもりZ

iPhoneアプリViewEverがアップデートした。夢の振り返りに最適になった! | はれときどきくもりZ

新プロジェクト『fmj』が始まりました!今日は大切な記念日。 | はれときどきくもりZ

 

【タスククエスト連載してます】

タスククエストとは?

このブログで連載中のタスク管理を題材にした小説です。ストーリーを楽しみながらタスク管理を身につけられるおもため話し(おもしろくてためになる話し)を目指します。興味をお持ちのあなた、ぜひこちら↓のタスククエストまとめをご覧ください。
また、書籍、記事の執筆等のご依頼があれば、積極的に受けさせていただきます。ぜひお声かけください。

メールアドレス→toshi586014あっとme.com(あっとを@に変換してください)
Twitter→@toshi586014

タスククエストまとめ | はれときどきくもりZ

Posted from するぷろ for iPhone.

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

『いいね!』するとFacebookで更新をチェックできます

track feed
はれときどきくもりZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ドラゴンクエストとギルドと働き方改革

光の玉に導かれるように 先日、ドラゴンクエストの曲を聴きながら洗濯物...

記事を読む

タスククエスト外伝~Kをめぐる物語~【創作の本棚】

  タスククエスト外伝~Kをめぐる物語~  ...

記事を読む

no image

Lisgoを12倍楽しくする方法。わたしのオススメする使い方を紹介します。

小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。  ...

記事を読む

no image

2013年のクレドと目標とわたし #2013credo

アイコンがいつまでも新年気分の小説家志望ブロガーとし(@toshi58...

記事を読む

no image

わたしの2012年総合ランキング

小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。 ついに20...

記事を読む

新着記事

ドラゴンクエストとギルドと働き方改革

光の玉に導かれるように 先日、ドラゴンクエストの曲を聴きながら洗濯物...

記事を読む

iOS 11 Programming。それは新時代を予感させる技術書

iOS 11 Programmingとは iOS 11 Pr...

記事を読む

スノウロビンにジョインしました

スノウロビンにジョインしました 個人でアプリ開発をしつつ 、...

記事を読む

信号

フリー写真素材ぱくたそ 信号ってありますよね。 ええ、さようで...

記事を読む

とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。

弱い音と書いてよわねと読む。それはどんな音だろう? 先日リリースした...

記事を読む

PAGE TOP ↑