*

シゴタノ!Skype個別相談で第一歩を踏み出せた!わたしの新プロジェクトを発表します。

小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

 

前回は、わたしがシゴタノ!Skype個別相談を受けようと思ったきっかけについてお話ししました。

今回は、シゴタノ!Skype個別相談を受けた時の内容や、そこから得られたこと、感じたことを紹介します。

そして、シゴタノ!Skype個別相談の成果ともいうべき、わたしの新プロジェクトを発表します。

 

わたしの相談内容

 

シゴタノ!Skype個別相談を受ける前に、相談したいことをしごたのさん(@shigotano)に送りました。

わたしが相談したかったことは、大きく分けて次の三つです。

 

  1. 好きなことを仕事にする方法
  2. フリーランスになる方法・続ける方法
  3. ブログの作り方・続け方

 

まず、わたしがやりたい仕事の候補をあげました。

 

  • 小説家
  • 児童書作家
  • 絵本作家
  • ブロガー
  • ビジネス書などの作家
  • 育児・家族に関する仕事

 

そして、仕事に対する考え方をまとめました。

 

  • 会社員として働いて病気になって休職したときに、一つの仕事に依存する危険性を感じた。今後は、複数の仕事をできるようにしたい。
  • 会社員の時に家族との時間を持てなかったことを後悔しているので、今後は、家族との時間を優先的に確保できる仕事が望ましい。

 

相談内容を送ったわたしは、わくわくしながらその日を待ちました。そして、しごたのさんとのSkype電話による会話がはじまりました。

 

いつまでにいくら?

 

まずはじめに、しごたのさんはこう言われます。

「いつまでに、月いくら稼ぎたいですか?」

わたしが少し考えてその質問に答えると、次はこう尋ねられます。

「一日何時間働きたいですか?そして週何日働きますか?」

再びわたしが答えると、少し間が空いてしごたのさんが言われます。

「それでは、としさんの時給は○○円ですね。あと○か月でそうなれるように考えましょう」

恥ずかしながら、ごく基本的なことなのに、こういう発想が全くありませんでした。わたしはまずここでガツンと衝撃を受けました。自分の考えていたことは、まだまだ現実的でないんだ、と。

 

どんな仕事をしたい?

 

次に、どのような仕事をしたいか、というお話に入ります。

その中で、上に書いた仕事を挙げていきました。すると、しごたのさんは、なぜその仕事をしたいのか?と問われます。

すると、自分がやりたいと思っていた仕事でも、理由がほとんど答えられないものもあれば、スラスラと理由が出てくる仕事もあります。

事前にまとめていたにも関わらず、まだまだ考えが浅い部分が浮かび上がってきました。

そのような会話を繰り返すうちに、しごたのさんがひとつの提案をしてくださいました。

それは、育児に関するブログを立ち上げて、ゆくゆくはその内容をKDPで出版したらどうか?という提案です。

それと並行して、自分史を作ることも提案してくださいました。なぜなら、自分史を振り返ることで、ぶれない自分が見えてくるからです。

自分史作りについては、シゴタノ!のこちらの記事↓をご覧ください。

不確実な時代を生き抜くために、まず自分についての「誤解の連鎖」を断ち切る « シゴタノ!

こう言ったやり取りを繰り返し、かなり突っ込んだ内容までお話しすることができました。とても充実した内容だったので、個別相談の終了時刻になった時は、あっという間に感じられました。

 

Skype個別相談その後

 

Skype個別相談が終わると、早速タスクリストを作りました。

相談内容がとても具体的だったので、その日のうちに24項目にも及ぶタスクリストを作ることができました。

そして、そのタスクリストに基づいて、せっせと自分史作りをしながら新しいプロジェクトのアイデアを練りました。

 

そして新プロジェクトがはじまる

 

かくして、シゴタノ!Skype個別相談から一か月と少しかかりましたが、ついに新しい一歩を踏み出しました。

新しい育児ブログ『育児メン74』をたちあげたのです!

『育児メン74』のモットーは次の通りです。

74年生まれの育児メンが、30代パパ向けに三歳児までの育児情報を送ります。育児を楽に楽しくをモットーに、ちょっとした工夫や心構えを紹介します

これは、自分史を振り返ることによって見えた軸であり、やりたいことです。このブログ『はれときどきくもりZ』や、のりさん(@norixnori)主宰の『fmj』とは別の、わたしの新しい柱となる第一歩です。

詳細はこちらの育児メン74の紹介記事↓をご覧ください。

 

育児メン74: 育児メン74へようこそ!

 

わたしひとりで考えても、ここまで進むことはできなかったでしょう。わたしのことを客観的かつ広範囲に見てくださり、さらに素晴らしいノウハウをお持ちのしごたのさんのアドバイスがあったから、新しい一歩を歩み出すことができました。

本当に、Skype個別相談を受けることができて良かったと思います。

あ、そうそう。この時にしごたのさんは、七つの言葉を送ってくださいました。ここでは具体的な内容は書きませんが、どれもわたしが歩いて行く上での指針となる言葉です。ご興味がおありの方は、ぜひシゴタノ!Skype個別相談にご参加ください。

シゴタノ!Skype個別相談は、今のところタスクカフェやオンラインセミナーの受講者限定となるそうです。わたしはオンラインセミナーは受けたことがありませんが、タスクカフェでタスク管理や週次レビューについて多くのことを学びました。とてもオススメなワークショップなので、ぜひご参加ください。

 

おまけ

 

最後に、わたしが書いたアンケートを紹介します。Skype個別相談を受けた直後に書いたので、わたしの瑞々しい気持ちがこもっています。Skype個別相談が気になるあなたは、ぜひご覧ください。

1.受ける前はどんな悩みを持っていましたか?

自分の人生の方向性で悩んでいました。具体的には、これからどのような仕事をするべきか、どうやって夢を叶えていくのか、家族との時間をどのように過ごすべきか、ということです。

2.実際に受けてみて、どんな感想を持ちましたか?

抽象的な考え方にとどまらず、その日から実現可能なくらい具体的なことまで、アドバイスをいただけました。

さらに、仕事・夢・家庭という複数の悩みを個別に捉えるのではなく、総合して人生の目標とできるような道標を指し示してくださいました。

目標に向かうステップについては、シゴタノ!のブログで書かれているような内容を、わたしの悩みにきちんと合わせてかみ砕き、理解しやすい形で提示してくださいました。そのため、個別相談が終わってすぐに、ノートに向かってやることリストを作成することができました。

3.おすすめいただけるとしたらどんな人ですか?(○○で悩んでいる人など)

タスク管理、仕事のやり方、フリーランスとしての働き方などについて悩んでいる方にオススメします。特に、一般論ではなく自分向けに最適化された提案を求めている方は、とても満足できるのではないでしょうか。

他に、本やセミナーなどで知識を得たものの考えがまとまらないという方。また、自分の目標や、やりたいことが漠然とあるけれども、うまく整理できない方。そんな方にピッタリです。

また、Skypeによる音声通話での相談なので、場所にとらわれないところも魅力です。地方なのでセミナーやワークショップに参加できなくて残念に思っている方は、ぜひお試しください。

 

おまけその二

 

わたしはiPhoneとメモ帳を持って、外出先で個別相談を受けました。ソフトバンクのLTEが入るところだったおかげか、音声通話には全く問題がありませんでした。

また、メモを取りやすいように、iPhone付属のマイク付きイヤフォンを使いました。風があったからか、イヤフォンのせいか、しごたのさん側には、少し雑音が入ったようです。

電波が安定して、静かな場所がオススメです。また、メモを取れるように、メモ帳とペンを用意しておきましょう。

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【関連する記事】

 

タスク管理や働き方で悩めるあなたへ。シゴタノ!Skype個別相談は人生の道標だ。 | はれときどきくもりZ

 

あずきちゃんと虹色クレヨン ~緑色と藍色のクレヨン~2【創作の本棚】 | はれときどきくもりZ

 

小さな習慣化が自分を強くする | ファミリーマネジメントジャーナル

 

【タスククエスト連載してます】

タスククエストとは?

このブログで連載中のタスク管理を題材にした小説です。ストーリーを楽しみながらタスク管理を身につけられるおもため話し(おもしろくてためになる話し)を目指します。興味をお持ちのあなた、ぜひこちら↓のタスククエストまとめをご覧ください。
また、書籍、記事の執筆等のご依頼があれば、積極的に受けさせていただきます。ぜひお声かけください。

メールアドレス→toshi586014あっとicloud.com(あっとを@に変換してください)
Twitter→@toshi586014

タスククエストまとめ | はれときどきくもりZ

Written with MyEditor.

Posted from するぷろ for iPhone.

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

『いいね!』するとFacebookで更新をチェックできます

track feed
はれときどきくもりZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

なぜぱんだなのか? 〜ぱぱんだっこはこうして生まれた〜

それは妻のひとことから 2014年春。わたしは悩んでいた。 ぱぱん...

記事を読む

ARで簡単・楽しくお片づけできるアプリ『パンダクリンAR』ついにリリース!

パンダクリンARとは 『パンダクリンAR〜ぱぱんだっこと楽しくお片づ...

記事を読む

アプリ開発という冒険のはじまり

旅立ち 前回の『すべてはここからはじまった 〜ぱぱんだっこ伝説の誕生...

記事を読む

すべてはここからはじまった 〜ぱぱんだっこ伝説の誕生〜

アプリ開発体験会へのバス旅行 2013年12月。 わたしは、関西か...

記事を読む

新着記事

とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。

弱い音と書いてよわねと読む。それはどんな音だろう? 先日リリースした...

記事を読む

あなたのiPhoneで、不思議な世界をのぞいてみませんか? タップだけの簡単操作で遊べるキュートでポップなアクションゲーム『こぱんたっぷAR』をリリースしました。

祝! こぱんたっぷARリリース! こちらの記事で告知したよう...

記事を読む

ARKitをつかったARゲームアプリ『こぱんたっぷAR』を9月20日にiOS11と同時リリースします。

こぱんたっぷARカテゴリ: ゲーム, アクション, エンターテイン...

記事を読む

それはまるで宝物のように

フリー写真素材ぱくたそ 振り向けば輝いていたあの日 ...

記事を読む

no image

この2時間≠あの2時間?

耳鼻科に並ぶよいつまでも ここ何年か、耳鼻科にいくことが増えた。という...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

トラックバック用URL:

コメントフィード

  1. […] こちらの記事で紹介したように、わたしはちょうど自分史作りに取り組んでいました。そんなタイミングでエッセイを書くきっかけが舞い込んできたということに、運命のようなものを […]




管理人にのみ公開されます

とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。

弱い音と書いてよわねと読む。それはどんな音だろう? 先日リリースした...

あなたのiPhoneで、不思議な世界をのぞいてみませんか? タップだけの簡単操作で遊べるキュートでポップなアクションゲーム『こぱんたっぷAR』をリリースしました。

祝! こぱんたっぷARリリース! こちらの記事で告知したよう...

ARKitをつかったARゲームアプリ『こぱんたっぷAR』を9月20日にiOS11と同時リリースします。

こぱんたっぷARカテゴリ: ゲーム, アクション, エンターテイン...

それはまるで宝物のように

フリー写真素材ぱくたそ 振り向けば輝いていたあの日 ...

no image
この2時間≠あの2時間?

耳鼻科に並ぶよいつまでも ここ何年か、耳鼻科にいくことが増えた。という...

→もっと見る

PAGE TOP ↑