*

声シャッター for Evernoteに写真の新しい可能性を見た

小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

 

子どもが産まれてからというもの、iPhoneで写真を撮りまくっています。また、ランニングをはじめてからは、風景も撮るようになりました。

iPhoneにはたくさんのカメラアプリがあります。わたしはその中でも、OneCamとCamera+とCamore+を特に愛用しています。

どれも素晴らしいアプリなので、カメラアプリは上にあげた三つで十分。そう思っていました。

しかし、声シャッター for Evernoteがカメラアプリに新たな基軸を持ち込んでくれました。

 

声シャッター for EVERNOTE - 音と写真と場所をアップロード - 声シャッター for EVERNOTE – 音と写真と場所をアップロード –
価格(記事掲載時): ¥200
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る

 

これは!と思って試してみると、思った以上に素晴らしいアプリでした。というわけで、このアプリの良さをわたしの活用事例を付けて紹介します。

 

声でシャッターを切れる

 

アプリの名前にあるとおり、声でシャッターを切ることができます。

シャッターを切る言葉は、事前に登録されている中__とりまーす、さつえいなど__から選択できます。また、自分で登録することもできます。

認識率はとても良いので、何度か練習すればコツをつかめます。

声でシャッターを切れると、とても便利です。後ほど、その便利さを例をあげながら紹介します。

 

音声を録音してくれる

 

写真を撮る前の十秒間の音声を、自動的に録音してくれます。

ポイントは、自動という点です。

Evernoteアプリでも音声メモをとることはできます。しかし、アプリを起動する→ノートを作成する→録音ボタンを押すというように、録音するまでのステップ数が多いです。しかも、Evernoteアプリは多機能な反面、iPhone 5でもやや動作が重いです。

しかし、声シャッター for Evernoteは、起動するだけで録音してくれます。そして、写真を撮れば、自動的に写真と音声をEvernoteに送信してくれます。

今のバージョンでは録音時間は十秒ですが、開発者の@recordsshamrockさんに長くしてほしいと要望すると快諾していただきました。今後のアップデートに期待です。

さて、次の項からは、わたしがこれらの特徴をどのような場面で活かしているかを紹介します。

 

子どもの写真を撮る場合

 

子どもを抱っこしながら、写真を撮りたいときはありませんか?

今まではがんばって片手で抱っこしつつ、もう一方の手でiPhoneを持ってシャッターボタンを押していました。しかし、そうするとブレやすくなります。やっぱり、思い出の写真は綺麗に撮りたいですよね。

そんな時でも、声シャッター for Evernoteなら安心快適です。

空いた方の手でiPhoneをしっかり構えて、あとは「はいちーず」と声に出すだけで写真を撮れます。これなら、片手でもブレにくいです。

また、子どもは動き回ります。追いかけながら撮ると、シャッターを押す時に力が入ってiPhoneが揺れてしまいブレやすくなります。そんな時も、声でシャッターを切れるとブレにくくて安心です。

また、こちらの記事で紹介したように、子どもの声を録音すると、後で見た時にとても楽しいです。写真と声で振り返ると、その楽しさは何倍にも膨れ上がります。

 

読書メモを撮る場合

 

また、読書メモを撮る時にも活躍します。

読書メモを撮る時は、本を片手で押さえながら写真を撮ります。そうすると、片手で撮るので、シャッターを押す時にブレてしまいます。

足で本を押さえるという手もありますが、本を足蹴にするのは気持ち的にどうしてもできません。(わたしだけでしょうか?)

こんな時も、声でシャッターを切れると、ブレずに綺麗に撮れます

片手で本を押さえ、もう片方の手でiPhoneをしっかりと構えます。そして、そのまま「はいちーず」と声に出すと綺麗に撮れます。

また、写真を撮る前に、気になるところを読み上げるのもオススメです。そうすると、簡単に写真と音声の読書メモを作ることができます。

マーカーで線を引いたり、書き込みをするよりもお手軽でいいですね。

 

アイデアメモをとる場合

 

最後に、少し変わった使い方を紹介します。

ちょっとした思いつきをメモする時、あなたはどうしていますか?

わたしはiPhoneのエディタアプリにメモしています。

しかし、いくらフリック入力が快適とはいえ、思考に追いつかない場合があります。また、曖昧な思考は文字にすることが難しい場合もあります。

そんな時に声シャッター for Evernoteが活躍します。

アプリを起動して、思いついたことを素早く話します。そして、写真を撮ると、Evernoteに音声メモが保存されます。

くれぐれも、写真を撮ることを忘れないでください。また、その時の風景などを撮っておくと、あとから見た時に連想的に何かを思いつくかもしれません。

 

おわりに

 

あとは、Evernoteが文章のOCRに対応したように、音声の自動テキスト変換機能を追加してくれると嬉しいですね。そうなれば、声シャッター for Evernoteでバンバンメモをとって活用できます。

おっと、話が横道にそれましたね。

声シャッター for Evernoteは、写真と音声をごく自然な形でミックスすることで、写真の新しい可能性を提示してくれました。個人的には、デジタルカメラが普及した時くらいのインパクトがあるのでは、と思っています。

こんな素晴らしいアプリをたった数百円で体験できるなんて、いい時代になったものです。

一味違う子どもの思い出を残したいあなた。

読書メモを快適にとりたいあなた。

そして、写真の未来を感じたいあなた。

声シャッター for Evernoteは、そんなあなたにオススメのアプリです。ぜひお試しください。

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

今回紹介したアプリ

 

声シャッター for EVERNOTE - 音と写真と場所をアップロード - 声シャッター for EVERNOTE – 音と写真と場所をアップロード –
価格(記事掲載時): ¥200
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る

 

【関連する記事】

 

OneCamのここが好き!としのiPhoneアプリワンポイントレッスン。 | はれときどきくもりZ

 

OneCamがDpub記念セールだ!静かで素早く連携上手なiPhone一押しカメラアプリを今こそゲット! | はれときどきくもりZ

 

応用力抜群のThumbEdit!工夫次第で可能性が広がるエディタアプリ。 | はれときどきくもりZ

 

【タスククエスト連載してます】

タスククエストとは?

このブログで連載中のタスク管理を題材にした小説です。ストーリーを楽しみながらタスク管理を身につけられるおもため話し(おもしろくてためになる話し)を目指します。興味をお持ちのあなた、ぜひこちら↓のタスククエストまとめをご覧ください。
また、書籍、記事の執筆等のご依頼があれば、積極的に受けさせていただきます。ぜひお声かけください。

メールアドレス→toshi586014あっとicloud.com(あっとを@に変換してください)
Twitter→@toshi586014

タスククエストまとめ | はれときどきくもりZ

Written with MyEditor.

Posted from するぷろ for iPhone.

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

『いいね!』するとFacebookで更新をチェックできます

track feed
はれときどきくもりZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事

no image

それでもぼくは書きつづける

ぼくが書くワケ ポツポツと、重たい手つきでキーボードを叩く。 うす...

記事を読む

だれマターかちょっぱやでコンセンサスとったらハレーションも怖くない。『日常会話にも使えるかも?便利なビジネス用語集』ステッカーをリリースしました

ビジネス用語だけど、日常会話にも使える(かも) 『日常会話にも使える...

記事を読む

2016年のふりかえり。アプリ開発してたら、アプリ開発本を出版できるようになったり、ベストディベロッパーになったりしました。

2016年もあとわずかですが、子どもたちの寝かしつけも終わ...

記事を読む

アプリ道場アワードで、なんとベストディベロッパーに!

イラスト もっと知りたいリンゴあれこれのゆこびん(@yucovin...

記事を読む

【重大発表】iPhoneアプリ開発本を執筆して、C&R研究所さんから出版します!

重大発表 本日は重大な発表があります。 わたくし、このたび、iPh...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

トラックバック用URL:

コメントフィード

  1. […] 先日、こちらの記事で声シャッター for Evernoteの活用方法を紹介しました。 […]

  2. […] 声シャッター for Evernoteに写真の新しい可能性を見た […]




管理人にのみ公開されます

no image
それでもぼくは書きつづける

ぼくが書くワケ ポツポツと、重たい手つきでキーボードを叩く。 うす...

だれマターかちょっぱやでコンセンサスとったらハレーションも怖くない。『日常会話にも使えるかも?便利なビジネス用語集』ステッカーをリリースしました

ビジネス用語だけど、日常会話にも使える(かも) 『日常会話にも使える...

2016年のふりかえり。アプリ開発してたら、アプリ開発本を出版できるようになったり、ベストディベロッパーになったりしました。

2016年もあとわずかですが、子どもたちの寝かしつけも終わ...

アプリ道場アワードで、なんとベストディベロッパーに!

イラスト もっと知りたいリンゴあれこれのゆこびん(@yucovin...

【重大発表】iPhoneアプリ開発本を執筆して、C&R研究所さんから出版します!

重大発表 本日は重大な発表があります。 わたくし、このたび、iPh...

→もっと見る

PAGE TOP ↑