*

父の本棚とわたしが小説を書く理由



photo credit: PAKUTASO

小説家ブロガーとし(@toshi586014)です。

 

今回は、わたしが小説を書く理由について考えてみました。

わたしの中にある『小説を書きたい想い』その原点に迫ります。

 

本棚の思い出

 

わたしは本棚が好きです。

自分の本棚は言うに及ばず。父の本棚、母の本棚、姉の本棚。どの本棚も好きです。(そういえば、兄の本棚は記憶にありません。兄も結構本を読んでいたように思うのですが)

わたしは、なぜこんなにも本棚が好きなのでしょうか?

それはきっと、本棚には持ち主の魂が住んでいるからだと思います。

『魂が住んでいる』と言っても、お仏壇のようにお盆に帰ってくる場所という意味ではありません。はたまた、ジョジョのエニグマのように、本にされて文字通り住んでいるわけでもありません。

持ち主の知識や趣向、そして個性が本棚に居並ぶ本たちに現れる、そういう意味です。

例えば、父の本棚を見てみましょう。壁一面を埋めるくらいの大きな本棚です。しっかりした木材を加工して作られているためか、重厚な雰囲気を醸し出していますね。前面はガラス張りになっていて、横にスライドして開けることができます。

本棚の上半分にはセールスに関する本や、イトーヨーカドーやダイエーと銘打った本などがずらずらと並んでいます。おや、こんなところに美味しんぼの7巻が混ざっている。なるほど、どうやら『大地の赤』というスーパーのトマトに関連するお話が載っているからですね。

下の段を見ると、歴史に関する本が並んでいます。歴史上の人物に関する本、偉人が綴った本、歴史小説など。

おっと、一番下も見逃せません。ここだけはガラス張りではなく、木材を黒く塗った扉で覆われています。横に軽く押すと、音もなくスライドします。忍者屋敷の隠し扉のようで、ワクワクしますね。やはり、ここにも本がありました。手塚治虫さんの火の鳥です。

この本棚をざっと眺めると、わたしの父の人物像が浮かび上がってきます。シャーロック・ホームズなら、ワトソンに向かってこう言うかもしれません。

「見たまえ、この本棚を。木材を加工した重厚な雰囲気を。そして、ガラス張りにする慎重さを。この本棚の持ち主は、本を大切にする人物に違いない。そして、上段の本を見るに、仕事はセールス関連、しかもイトーヨーカドーとダイエー以外のスーパーと見られる。なぜなら、上段は一番目線が近いから、その人物にとって重要な__すなわち人生の柱となる仕事など__の本をおく場合が多く見られる。また、自分が働いている会社の本は並べないだろう。敵情視察のため、と考えるのが妥当だ。云々」

 

本棚の影響

 

わたしは子どもの頃から本棚を眺めるのが好きでした。

先ほど紹介した父の本棚には、項羽と劉邦などの歴史小説や手塚治虫さんの火の鳥。母の本棚には、赤川次郎さんや西村京太郎さんの推理小説。兄の本棚(ではありませんが)には、めぞん一刻やタッチなどの漫画。姉の本棚には、星新一さんのSFショートショートやサイファなどの少女漫画。

そこには人それぞれの世界が広がっていました。そして、そこにある本を読むことで、わたしは皆の世界に少しずつ触れていったのです。

そんな日々を積み重ねて、わたしは自分の中の世界を広げていきました。

項羽と劉邦を夢中で読んで知った歴史の重み。火の鳥を読んで感じた生命の神秘。赤川次郎さんの本で知った読書の楽しさ。めぞん一刻を読んで覗いた大人の世界。星新一さんの本を読んで受けた衝撃。サイファを読んで開けた少女漫画の世界。

それらがなければ、今のわたしは全く違った人間になっていたことでしょう。

 

そして小説家につながる

 

そんなことをつらつらと考えているうちに、自分が小説を書きたい理由が分かりました。

わたしが小説を書く理由は、『誰かにとっての本棚になれたらいいな』ということなのです。

わたしにとっての父や母の本棚のように、わたしが書いた小説がどこかの誰かの本棚となり、その人の世界を広げ豊かにできたら最高です。

そして、そんな無意識の想いが、わたしがブログで小説を公開するときの『創作の本棚』というサブタイトルに込められたのかもしれません。

さて、それでは今日もコツコツと小説を書きましょう。

いつの日かわたしが書いた小説が、誰かの、そしてあなたの本棚に並ぶことを夢見て。

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【関連する記事】

 

新連載のお知らせ。タスク管理入門青春恋愛妄想小説『僕らのタスク管理ストーリー ~あの季節を忘れない~』はじまります! | はれときどきくもりZ

 

あずきちゃんと虹色クレヨンを出版します! | はれときどきくもりZ

 

はじめての作文【エッセイ】 | はれときどきくもりZ

 

【タスククエスト連載してます】

タスククエストとは?

このブログで連載中のタスク管理を題材にした小説です。ストーリーを楽しみながらタスク管理を身につけられるおもため話し(おもしろくてためになる話し)を目指します。興味をお持ちのあなた、ぜひこちら↓のタスククエストまとめをご覧ください。
また、書籍、記事の執筆等のご依頼があれば、積極的に受けさせていただきます。ぜひお声かけください。

メールアドレス→toshi586014あっとicloud.com(あっとを@に変換してください)
Twitter→@toshi586014

タスククエストまとめ | はれときどきくもりZ

Written with MyEditor.

Posted from するぷろ for iPhone.

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

『いいね!』するとFacebookで更新をチェックできます

track feed
はれときどきくもりZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/12/28 | エッセイ, 創作, 家族

関連記事

とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。

弱い音と書いてよわねと読む。それはどんな音だろう? 先日リリースした...

記事を読む

それはまるで宝物のように

フリー写真素材ぱくたそ 振り向けば輝いていたあの日 ...

記事を読む

no image

この2時間≠あの2時間?

耳鼻科に並ぶよいつまでも ここ何年か、耳鼻科にいくことが増えた。という...

記事を読む

2016年のふりかえり。アプリ開発してたら、アプリ開発本を出版できるようになったり、ベストディベロッパーになったりしました。

2016年もあとわずかですが、子どもたちの寝かしつけも終わ...

記事を読む

好きなことと得意なことと役に立つことの境界線にぼくは立ちたい

仕事とは、人が嫌がることをするからお金をもらえるんだ だれが言った...

記事を読む

新着記事

ドラゴンクエストとギルドと働き方改革

光の玉に導かれるように 先日、ドラゴンクエストの曲を聴きながら洗濯物...

記事を読む

iOS 11 Programming。それは新時代を予感させる技術書

iOS 11 Programmingとは iOS 11 Pr...

記事を読む

スノウロビンにジョインしました

スノウロビンにジョインしました 個人でアプリ開発をしつつ 、...

記事を読む

信号

フリー写真素材ぱくたそ 信号ってありますよね。 ええ、さようで...

記事を読む

とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。

弱い音と書いてよわねと読む。それはどんな音だろう? 先日リリースした...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

トラックバック用URL:

コメントフィード

  1. […] 「そうなの。例えば父ちゃんは小説を書くことが好きでブログで小説を公開しているでしょ?なぜ小説を書きたいのかというと、『父の本棚とわたしが小説を書く理由』のような理由があったんだよ。iPhoneアプリ開発をはじめたのも『なぜアプリ開発なのか?コンピューターをめぐる冒険。【エッセイ】』のような理由があったからなのさ」 […]




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑