*

開発者のみなさんへ。アプリ広告の新しいアイデアを考えました。よかったら使ってください。


小説家ブロガーとし(@toshi586014)です。

 

収益の悩み

 

iPhoneアプリを開発していて悩むのが、収益のことです。

アプリ開発にかかった費用を回収するためには、どこかで収入を得ないといけません。その方法として、有料アプリにするか、アプリ内課金にするか、広告を入れるかの三通りが多いようです。

わたしが開発した新感覚ふわふわ劇ムズアクションゲームAstrowanderer(あすとろわんだらー)は、アプリ自体は無料にして広告を入れています。

 

広告の悩み

 

しかし、広告を入れるときにはひとつの悩みがあります。

それは、『広告を嫌いな人がいる』ということです。

たとえば、AppStoreのレビューでこういうコメントをしばしば見かけます。

広告が邪魔だから星ひとつ減らす。
広告ウザい。星ひとつ。

アプリの操作性を悪くするような広告の出し方をしていれば、そのような評価も止むを得ないかもしれません。しかし、ほとんどのアプリは操作の邪魔にならないように、間違えてタップしないようにと、最大限に気を配って広告を設置しています。

とはいえ、広告が嫌いというのも理解できるので悩ましいところです。

 

広告を楽しくしよう!

 

しかし、このような状態は開発者にもユーザーにもよくありません。

広告が置けなくなったら開発者はアプリ開発の費用を回収できなくなります。その結果有料アプリだけになってしまい、ユーザーは気軽に無料アプリを使うことができなくなります。

それなら、広告を楽しくしたらいいのでは!と考えました。今回は、日本では特に嫌がられやすいインタースティシャル広告(全画面の広告)を楽しくするアイデアを紹介します。

テレビのコマーシャル方式

その方法とは『テレビのコマーシャル方式』です。

テレビのコマーシャルは『いまからコマーシャルがはじまるよ』というところを明示してくれるので、見る側にも心構えができます。(その1)

また、コマーシャル自体がひとつのエンターテイメントになっています。楽しいものや、気分が盛り上がるものや、しんみりするものなど、様々な面白さを提供してくれます。(その2)

そうはいってもコマーシャルを見たくないこともあります。そんなときは早送りできるところもポイントです(生放送では無理ですが)。(その3)

アプリにテレビのコマーシャル方式を組み込むとしたらこんな感じ

それではテレビのコマーシャル方式をアプリに組み込むとしたら、どんな形がいいのでしょうか?

わたしが考えたのは次のような形です。

まず、広告を出す前に『いまからコマーシャルがはじまるよ』というお知らせ画面を表示します。(その1)

そして、その画面に早送りボタンをつけておきます。もしコマーシャルを見たくなければ、早送りボタンを押して画面を閉じてもらいます。(その3)

早送りボタンが押されなければコマーシャルがはじまります。が、ここでひと工夫です。広告だけでなく、面白いものや、役に立つものなど、ユーザーが楽しめる情報も表示するようにします。(その2)

たとえばゲームアプリでしたら、攻略情報、ストーリーの裏話、アイテムプレゼントなどです。

こういった情報と広告をランダムに表示すれば、ユーザーにも楽しんで見てもらえるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

わたしはアプリ開発者になってまだ日が浅いです。しかし、いちアプリ開発者として、アプリ界隈が盛り上がってほしいと願っています。

そして、アプリ開発者とユーザーの双方にとって良い形で盛り上がればいいなと思います。

というわけで、もし『テレビのコマーシャル方式』いいアイデアだね!という方がおられましたら、ぜひぜひアプリに組み込んでみてください。

わたしも、いま開発中のアプリをリリースできたら、Astrowandererに組み込むつもりです。完成したら、このブログで報告しますね。

今回のアイデアが、アプリ界の一助になれば幸いです。

P.S.

今回の記事は『メテヲの魔法使い』の校長ことナカニシさん(@sn630)のつぶやきから発想を得ました。ありがとうございます。

メテヲの魔法使いは、お手軽な放置ゲームでありながら、しっかりとしたストーリーを味わえます。また、かわいいマホッチも楽しいので、ぜひ一度お試しください。

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

今回紹介したアプリ

 

メテヲの魔法使い 〜魔法勇者のファンタジー物語・放置ゲームアプリ〜
カテゴリ: ゲーム, エンターテインメント, ファミリー, ストラテジー
価格: 無料(記事掲載時)

 

Astrowanderer
カテゴリ: ゲーム, エンターテインメント, アクション, アーケード
価格: 無料(記事掲載時)

 

【関連する記事】

 

あの激ムズをもう一度!新感覚ふわふわ劇ムズアクションAstrowandererにモード選択を追加しました。 | はれときどきくもりZ

 

アプリをリリースするまでがアプリ道場です。アプリクリエイター道場開発塾の三日目を終えて。 | はれときどきくもりZ

 

これからiPhoneアプリ開発をはじめる人にオススメする本 | はれときどきくもりZ

 

SPONSORED LINK

Written with MyEditor.

この記事はするぷろで更新しました。

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

『いいね!』するとFacebookで更新をチェックできます

track feed
はれときどきくもりZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/08/05 | iPhoneアプリ開発, SNS,

関連記事

no image

それでもぼくは書きつづける

ぼくが書くワケ ポツポツと、重たい手つきでキーボードを叩く。 うす...

記事を読む

だれマターかちょっぱやでコンセンサスとったらハレーションも怖くない。『日常会話にも使えるかも?便利なビジネス用語集』ステッカーをリリースしました

ビジネス用語だけど、日常会話にも使える(かも) 『日常会話にも使える...

記事を読む

2016年のふりかえり。アプリ開発してたら、アプリ開発本を出版できるようになったり、ベストディベロッパーになったりしました。

2016年もあとわずかですが、子どもたちの寝かしつけも終わ...

記事を読む

アプリ道場アワードで、なんとベストディベロッパーに!

イラスト もっと知りたいリンゴあれこれのゆこびん(@yucovin...

記事を読む

【重大発表】iPhoneアプリ開発本を執筆して、C&R研究所さんから出版します!

重大発表 本日は重大な発表があります。 わたくし、このたび、iPh...

記事を読む

新着記事

no image

この2時間≠あの2時間?

耳鼻科に並ぶよいつまでも ここ何年か、耳鼻科にいくことが増えた。という...

記事を読む

no image

それでもぼくは書きつづける

ぼくが書くワケ ポツポツと、重たい手つきでキーボードを叩く。 うす...

記事を読む

だれマターかちょっぱやでコンセンサスとったらハレーションも怖くない。『日常会話にも使えるかも?便利なビジネス用語集』ステッカーをリリースしました

ビジネス用語だけど、日常会話にも使える(かも) 『日常会話にも使える...

記事を読む

2016年のふりかえり。アプリ開発してたら、アプリ開発本を出版できるようになったり、ベストディベロッパーになったりしました。

2016年もあとわずかですが、子どもたちの寝かしつけも終わ...

記事を読む

アプリ道場アワードで、なんとベストディベロッパーに!

イラスト もっと知りたいリンゴあれこれのゆこびん(@yucovin...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

no image
この2時間≠あの2時間?

耳鼻科に並ぶよいつまでも ここ何年か、耳鼻科にいくことが増えた。という...

no image
それでもぼくは書きつづける

ぼくが書くワケ ポツポツと、重たい手つきでキーボードを叩く。 うす...

だれマターかちょっぱやでコンセンサスとったらハレーションも怖くない。『日常会話にも使えるかも?便利なビジネス用語集』ステッカーをリリースしました

ビジネス用語だけど、日常会話にも使える(かも) 『日常会話にも使える...

2016年のふりかえり。アプリ開発してたら、アプリ開発本を出版できるようになったり、ベストディベロッパーになったりしました。

2016年もあとわずかですが、子どもたちの寝かしつけも終わ...

アプリ道場アワードで、なんとベストディベロッパーに!

イラスト もっと知りたいリンゴあれこれのゆこびん(@yucovin...

→もっと見る

PAGE TOP ↑