*

Xcode6でiOS8のシミュレータが実行できない場合の対応方法


小説家ブロガーとし(@toshi586014)です。

 

『Unable to boot the iOS simulator』

 

Xcode6でアプリを開発しているときに、次にようなエラーが表示されてiOS8のシミュレータを起動できませんでした。

『Unable to boot the iOS simulator』

すわ、再インストールか!? とあせりましたが、stackoverflowで調べたら解決しました。同じ悩みを持つ人が困らないように、こちらでも共有します。

 

iOS8のシミュレータが実行できない場合の対応方法

 

(Xcode6はまだベータ版でNDAに触れるためスクリーンショットは割愛します。)

XcodeのメニューからXcode→Preferencesを選択します。

すると、Preferencesウィンドウが開くので、Locationsを選択します。Command Line ToolsがXcode 5.x(わたしの環境では5.1.1でした)になっているので、Xcode 6.0に変更します。

設定を変更したらXcodeを再起動(できれば念のためMacも再起動)してシミュレータを実行してください。

無事にシミュレータでiOS8が実行されます。

今回の記事は、こちらの記事を参考にしました。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【関連する記事】

 

ぱぱんだっこをリリースしました!赤ちゃんとのスキンシップを楽しみながら子どもの成長を喜ぶiPhoneアプリです。 | はれときどきくもりZ

 

開発者のみなさんへ。アプリ広告の新しいアイデアを考えました。よかったら使ってください。 | はれときどきくもりZ

 

あの激ムズをもう一度!新感覚ふわふわ劇ムズアクションAstrowandererにモード選択を追加しました。 | はれときどきくもりZ

 

SPONSORED LINK

Written with MyEditor.

この記事はするぷろで更新しました。

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

『いいね!』するとFacebookで更新をチェックできます

track feed
はれときどきくもりZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/09/06 | iPhoneアプリ開発, Mac

関連記事

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑