*

iPhoneで倉下さんのメルマガを聞く方法

先日、倉下さんのメルマガをiBooksで読む方法をという記事を書いたところ、思った以上に反響がありました。

すでに実践している人が多いのではと思ってましたが、意外とそうでもなかったのです。

あらためて、「自分のふつうは誰かの発見」ということを実感しました。
というわけで、倉下さんのメルマガを楽しむ方法をもうひとつ紹介します。

今回はなんとメルマガを聞く方法です。

iOS8でメルマガを聞くための設定

iOS8で追加されたスピーチ機能をつかいます。

設定アプリを起動して、一般→アクセシビリティ→スピーチをタップします。

すると、以下のような画面になります。

ここで、画面の読み上げをオンにします(上の画面のように緑色になっていたらオンです)。

内容を強調表示をオンにしておくと、読み上げている文をハイライトしてくれるのでわかりやすいです。

メルマガを聞いてみよう

設定が終わったら、さっそくメルマガを聞いてみましょう。

iBooksに取りこんだメルマガを開きます。

そして、二本指で画面の上から下にスワイプします(通知センターを出すような感じでスワイプするとやりやすいです)

成功すると下の画面のようにウサギとカメのマークがはいったガイドが表示され、読み上げがはじまります。

ウサギとカメで読み上げスピードを調整したり、矢印ボタンで行(段落?)を移動したりできます。たまに途中で読み上げが止まることがありますが(発生する条件が不明です。画像が入っているとき?)読み上げの精度が良いので聞いていて違和感がありません。

また、スピーチ機能のいいところは、どのアプリでも使えることです。

わたしは読むより聞くほうがいいというかたは、メルマガをiBooksに取り込まずにメールアプリで直接実行してください。

おまけ1

スピーチ機能はKindleアプリや楽天Koboアプリでも使えます。

満員電車の中でiPhoneを取り出しにくいけど読書したいというときや、ランニングしながら読書したいというときなどにも本を読む(聞く)ことができます。

主夫的には家事をしながらがオススメです。

こちらの絵本風ほのぼの小説『あずきちゃんと虹色クレヨン』などはいかがでしょう(宣伝)。

おまけ2

小説の校正は目で見るだけでなく耳で聞こう!読み上げさんとの連携が便利なエディタアプリ三選。で紹介しているVoicepaperというアプリを使う方法もあります。(アプリ名が読み上げさんから変わっていますが同じアプリです)

iOS標準の機能はいかにも合成音声っぽい感じですが、こちらは有料だけあって音声がとても自然です(合成音声っぽい感じも味わいがあって楽しいものですが)。

無料でも時間制限つきで試用できるので、興味があるかたはお試しください。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

今回紹介したサービス

 

倉下さんのメルマガについてはこちらからどうぞ。考えることが好き、脳の刺激がほしいあなたにピッタリです。

R-style » メルマガ

 

今回紹介したアプリ

 

Voicepaper (旧:読み上げさん) – DropboxやEvernoteのテキストを自動音声で朗読
カテゴリ: 教育, 仕事効率化
価格: 無料(記事掲載時)

 

【関連する記事】

 

創作の質問に答えてみたよ | はれときどきくもりZ

 

予言【創作の本棚】 | はれときどきくもりZ

 

ぱぱんだっこLINEスタンプをリリースしました! ゆるくて楽しいほのぼのスタンプです。 | はれときどきくもりZ

 

Written with MyEditor.

この記事はするぷろで更新しました。

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

『いいね!』するとFacebookで更新をチェックできます

track feed
はれときどきくもりZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/12/21 | iPhone, SNS, ブログ

関連記事

新着記事

ドラゴンクエストとギルドと働き方改革

光の玉に導かれるように 先日、ドラゴンクエストの曲を聴きながら洗濯物...

記事を読む

iOS 11 Programming。それは新時代を予感させる技術書

iOS 11 Programmingとは iOS 11 Pr...

記事を読む

スノウロビンにジョインしました

スノウロビンにジョインしました 個人でアプリ開発をしつつ 、...

記事を読む

信号

フリー写真素材ぱくたそ 信号ってありますよね。 ええ、さようで...

記事を読む

とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。

弱い音と書いてよわねと読む。それはどんな音だろう? 先日リリースした...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑