*

すぐにはわからないもの

その答えは本当?

育児をしていると、答えがほしくなることが多い。それもすぐに。

子どもが病気のときに、対処する方法。
子どもがぐずったときに、ごきげんにする方法。
子どもがごはんを食べないときに、食べさせる方法。

どれも結構な緊急性があるので、すぐに答えを知りたくなる。そして、それを実践したくなる。

『子どもがぐずったときに効果的な7つの対策』なんてブログ記事があれば、わらにもすがる気持ちで飛びつきたくなる。

そして、そこで得た答えを実践して、うまくいったときは、「ああ、このやりかたであっていたんだ」とホッとする。

でも、まって。

その答えは本当?

答えを知るには時間がかかる

先日、うちの六歳児と幼稚園の遠足に行った。

その遠足は、親も参加できるので、わたしがいっしょに行ってきた(家とはちがう子どもの様子を見られる機会はなかなかないので、ウキウキして行った)。

その一方で、すこし不安もあった。

昨年も幼稚園の遠足に行ったのだが、そのとき、うちの六歳児は、クラスのゲームにうまく参加できなかったからだ。

集団行動に慣れていないこともあり、また照れ屋でもあるため、そういう場面では、なかなか輪にはいれない(それならそれでかまわない。そう思う一方で、クラスでの遊びに参加してほしい、とも思う。ああ、複雑な親心)。

本人も複雑な気持ちをいだいているのか、クラスの輪から離れたところへ、走っていこうとする。わたしは、子どもを追いかけて、呼びもどす。しばらくすると、また子どもが走りだす。わたしは追いかける。その繰りかえしだった。

余談ではあるが、遠足から帰ったあと、『子どもが集団行動できるようになる7つの対策』という記事を検索したのは言うまでもない。

あれから一年。

今回も、うちの六歳児は、クラスのゲームには、あまり参加できなかった(とはいえ、途中までは、自分から参加していた。ブラボー!)。

でも、前回との明確なちがいは、あった。

走りまわることが、なかったのだ。

クラスのみんなからすこし離れたところで、でも、先生とのお約束(先生から離れないでね、と事前に約束をしていた)どおり、目のとどく範囲で遊んでいた。

クラスのみんなの喚声が、やけに遠く聞こえる。春とはいえ、日射しは強く、肌がじりじりと焼けるのを感じる。ときおり吹く風は、まだ冷たさをふくみ、焼けた肌をやさしくなでる。そんな静かな時間のなか、ひとりしゃがみこんで、土いじりをしてあそぶ六歳児の隣に、わたしもしゃがむ。その、どこかゆったりとした時間を共有して、わたしは感じた。

ああ、これが一年前には知ることができなかった答えなのか、と。

もちろん、この答えも、実はまだ、本当ではないのかもしれない。いや、その言いかたはちがうかな。わたしが見たのは、まだ、答えのほんの一部、なのかもしれない。

光の角度で色を変えるという宝石、アレクサンドライトのように、来年になったら、またちがう色を、ちがう輝きを、ちがう答えをみせてくれるのかもしれない。

そう思うと、未来はすこし希望に満ちたものになる。

とはいえ。

その答えに気づくまでは、いま目の前で起きている出来事に精一杯なのだろうけど。

いつだって、目の前ことに精一杯で、目の前の答え(と思われるもの)に飛びついてしまう。でも、それでいいんじゃないかな、と思うようになってきた。

たまに、ふっと肩の力を抜いたとき──息つくひまもない育児のあいまに、子どもがお昼寝をしてできた、ほんのすこしの空白のようなとき──に飲んだいつもとおなじ紅茶に、新たなおいしさを発見するような。そんな、たあいもないけど、スペシャルなもの。

それが、本当の、答えなんじゃないかな。

そして、それって、人生にも言えるかも。でも、そのお話は、また別の機会に。

この記事は、こちら↓の記事に触発されて書きました。

find the lightのススメ | R-style

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【(この記事が本当に)関連する(かどうかは、まだわからない。でも、いまは関連すると思う)記事】

 

日常の中の非日常 | はれときどきくもりZ

 

神さまの天秤【創作の本棚】 | はれときどきくもりZ

 

あずきちゃんと虹色クレヨンを出版しました! | はれときどきくもりZ

 

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

『いいね!』するとFacebookで更新をチェックできます

track feed
はれときどきくもりZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/05/25 | エッセイ, 家族

関連記事

とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。

弱い音と書いてよわねと読む。それはどんな音だろう? 先日リリースした...

記事を読む

それはまるで宝物のように

フリー写真素材ぱくたそ 振り向けば輝いていたあの日 ...

記事を読む

no image

この2時間≠あの2時間?

耳鼻科に並ぶよいつまでも ここ何年か、耳鼻科にいくことが増えた。という...

記事を読む

2016年のふりかえり。アプリ開発してたら、アプリ開発本を出版できるようになったり、ベストディベロッパーになったりしました。

2016年もあとわずかですが、子どもたちの寝かしつけも終わ...

記事を読む

好きなことと得意なことと役に立つことの境界線にぼくは立ちたい

仕事とは、人が嫌がることをするからお金をもらえるんだ だれが言った...

記事を読む

新着記事

ドラゴンクエストとギルドと働き方改革

光の玉に導かれるように 先日、ドラゴンクエストの曲を聴きながら洗濯物...

記事を読む

iOS 11 Programming。それは新時代を予感させる技術書

iOS 11 Programmingとは iOS 11 Pr...

記事を読む

スノウロビンにジョインしました

スノウロビンにジョインしました 個人でアプリ開発をしつつ 、...

記事を読む

信号

フリー写真素材ぱくたそ 信号ってありますよね。 ええ、さようで...

記事を読む

とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。

弱い音と書いてよわねと読む。それはどんな音だろう? 先日リリースした...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑