*

アプリ開発をはじめたいあなたへ 〜楽しくアプリ開発を学べる『アプリ道場』潜入レポート〜

アプリ道場とは

アプリ道場とは、あきおさん(@akio0911)が主催されている、iPhoneアプリ開発を学べる講座です。

アプリ開発未経験な人だけでなく、プログラミング初心者でも安心して受講できます(わたしもまったくアプリ開発未経験で受講しました)。

おもに、東京と大阪で開催されています(わたしは、東京と大阪の両方で受講しました)。わたしが東京塾に参加したときのレポートはこちらです。少し古いので、いまと変わっているところもありますが、雰囲気は伝わるかと思います。

独学では得られないワクワク感と丁寧な指導に歓喜した!アプリクリエイター道場の一日目を終えて。 | はれときどきくもりZ

iPhoneで自分のアプリが動いたよ!アプリクリエイター道場の二日目を終えて。 | はれときどきくもりZ

アプリをリリースするまでがアプリ道場です。アプリクリエイター道場の三日目を終えて。 | はれときどきくもりZ

先日開催されたアプリ道場大阪塾に、卒業生として参加したので、そのときの様子をお届けします。

潜入! アプリ道場

先ほども書いたように、アプリ道場は、初心者むけです。

ですので、『アプリ開発とは』ということや、『Swiftとは』ということを、一から丁寧に教えてくれます。

講師のあきおさんは、とても教え方が上手で、二日間という短い時間でありながらも、大切なポイントをしっかりとおさえてくれます。さらに、豊富な資料で、周辺の知識もしっかりとフォローしてくれます。

しかも、アプリ道場のいいところは、たんなる座学だけではないところです。プログラミング初心者にとっては、知識ばかりつめこんでも、ちんぷんかんぷんで眠くなるばかりです。しかし、アプリ道場では、いま学んだ知識を活かして、その場でアプリを開発します。

「いきなりアプリを開発するなんて、ホントにできるの?」って思ったかもしれません。でも、心配ご無用。アプリ道場では、ペアプログラミングといって、ふたりひとくみでアプリ開発をします。ペアプログラミングのいいところは、お互いの知識を補えるところです。さらに、相手がわからないところを教えることで、自分自身も知識が整理されます。さらにさらに、お互いに意見を出し合うことで、違った角度からの考え方に触れることができます。それによって、短時間ながらもお互いに刺激しあい、高めあうことができるのです。

また、つまっているところがあれば、あきおさんや卒業生が、さりげなくフォローしてくれるので、安心です。


(写真は、ペアプログラミングで開発したアプリを、発表しているところです)

そして、ペアプログラミングが終わると、あきおさんがワンポイントレッスンをしてくれます。ここでは、プログラミングだけでなく、アプリ開発に関するさまざまなアドバイスを受けられます。たとえば、企画に関することや、デザイン関すること、はたまた著作権に関することなど、その幅はとても広いです。もちろん、プログラミングに関することもしっかりとフォローしてくれて、その場でよりよいプログラムの書き方を実践してくれます。


(写真は、あきおさんのワンポイントアドバイスの様子です。つくったばかりのアプリに対するアドバイスなので、その内容がしっかりと身につきます)

ほかにも、ゆこびん(@yucovin)のミニデザイン講座があったり、卒業生の発表があったりもします(ミニデザイン講座や発表は、不定期開催です)。

(写真は、ゆこびんのミニデザイン講座です。これがまた、すごく充実した内容で、デザイン初心者は必見ですよ!)


(こちらの写真は、卒業生のりんださんが、自分のアプリをApp Storeに申請するところを実演してくれました)

卒業後の交流

アプリ道場の内容は、いままで説明したとおり、とても充実したものです。しかし、アプリ道場のよいところは、それだけではありません。

卒業後の交流が、アプリ道場のもうひとつの魅力なのです。


(写真は、アプリ道場の懇親会です。とっても楽しそうでしょー)

アプリ道場では、卒業生が遊びに来ることが多いです(かくいうわたしも、大阪で開催されるときは、いつも遊びに来てます)。そして、卒業生同士で、開発しているアプリを披露しあったり、質問をしたり、アイデアを交換したり、活発に交流がなされます。

また、FacebookグループやSlackなどのオンラインツールでも、同じように盛りあがります。さらに、もくもく会や勉強会などで集まることもあります。

卒業生のなかには、App Storeランキング1位をとったツワモノや、アプリ道場卒業後にアプリ開発の会社に転職したツワモノなんかも、さりげなくいてます。そういった人たちとアプリ開発でワイワイするのは、とても楽しいです(わたしも、アプリ道場を卒業してから、アプリ開発講師をしたり在宅勤務でアプリ開発したりしてます)。

アプリ開発は、時間がかかりますし、簡単ではありません。個人でアプリ開発をしていると、だんだんやる気がなくなってきて、気がついたらアプリ開発をやめていた、なんてこともよくあります。しかし、アプリ道場のようなコミュニティがあると、そういった悩みを解消する機会を得られます。

こんな感じで、とっても盛りだくさんなアプリ道場です。

これからアプリ開発してみたい、というあなた。
アプリ開発をはじめたけどつづかなかった、というあなた。
アプリ開発はむずかしそうだから、と尻込みしてるあなた。

ぜひ、一度アプリ道場の門を叩いてみてください。もしかしたら、想像もしなかったあたらしい世界が目の前に広がるかもしれませんよ。

アプリ道場に興味があるあなたは、こちらのあきおさんのブログをご覧ください。

未経験者向けのiPhoneアプリ開発講座「アプリクリエイター道場」

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【関連する記事】

 

肉めないニクLINEスタンプをリリースしました! | はれときどきくもりZ

 

新しいぱぱんだっこでパパも健康になろう! iOS8のヘルスケアアプリに対応しました。 | はれときどきくもりZ

 

Apple TV用のアプリをリリースしました!あなたの家が美術館になる癒し系浮世絵アプリです。 | はれときどきくもりZ

 

SPONSORED LINK

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

『いいね!』するとFacebookで更新をチェックできます

track feed
はれときどきくもりZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事

ドラゴンクエストとギルドと働き方改革

光の玉に導かれるように 先日、ドラゴンクエストの曲を聴きながら洗濯物...

記事を読む

iOS 11 Programming。それは新時代を予感させる技術書

iOS 11 Programmingとは iOS 11 Pr...

記事を読む

スノウロビンにジョインしました

スノウロビンにジョインしました 個人でアプリ開発をしつつ 、...

記事を読む

信号

フリー写真素材ぱくたそ 信号ってありますよね。 ええ、さようで...

記事を読む

とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。

弱い音と書いてよわねと読む。それはどんな音だろう? 先日リリースした...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑