*

この2時間≠あの2時間?

耳鼻科に並ぶよいつまでも

ここ何年か、耳鼻科にいくことが増えた。というのも、子どもがたびたび中耳炎になりかけるからだ。
耳鼻科の先生によると、子どもは顔がちいさいので、耳と鼻をむすぶ管がみじかくて、鼻水が耳にいきやすいそうだ。なんともかわいらしい理由ではないか(症状はかわいらしくないが)。

子どもを連れていくようになってから知ったのだが、耳鼻科はやけに混む。本当に混む。USJも真っ青の混みぐあいだ。はやくても1時間待ち、遅めに行こうものなら2時間待ちなんてあたりまえだ。

しかし、何回か行くうちにコツをつかんだ。とてもシンプルなコツだ。それは、『病院が開く時間よりもまえに並んで待てば、はやく診察を受けることができる』というものだ。

なーんだ、そんなことか。そう思われたかもしれない。しかし、じつはここにもワナがひそんでいる。おなじことを考えて実践するひとがたくさんいるのだ。つまり、病院が開く時間よりまえに行っても、すでに待ち行列ができているというわけだ。

そうなると、あとは『いかにはやく並ぶか』というレースになる。何回か試した結果、病院が開く時間の1時間半まえにならぶと、遅くとも3番目までには受診できるということがわかった(ちなみに、この文章を書いているときは2番目だった)。

ちょっとまって、プレイバックその時間

はやく受診できるようになってよかったよかった。と、ひと安心していたのだが、ふと疑問が頭にうかんだ。

「もしかして、病院が開くまえにならんでも、開いてからならんでも、トータルの待ち時間はあまりかわらないのでは?」と。

病院が開くまえからならぶときは、病院が開くまでの待ち時間は1時間半だ。そして、だいたい15分以内に診察が終わる。つまり合計時間は1時間45分だ。

病院が開いてからならぶときは、(時間帯にもよるが)1時間〜2時間まって、診察は10分ほどで終わる。つまり、最短で1時間10分、最長で2時間10分だ。

驚いたことに、運がよければ(たまたま病院がすいていれば)、病院が開いてから待つほうが35分ほど早く終わるではないか。それなら、朝のせわしない時間にあくせくすることもない。病院がすいていることを祈りつつ、のんびりと病院にむかったらいいのだ。

そのウソほんと? ほんとウソ?

と、ここまで考えて、また手が止まる。心のなかの妖精さんがつぶやくのだ。

「ほんとうに、それでいいの?」

「うーん、どうなんだろう?」わたしは、妖精さんと自分にもういちど問いかける。

たしかに、運を天に任せても、時間が短くなる可能性はある。でも、そのかわりに失うものもあるんじゃないのかな。たとえばそれは、ほぼ時間が確定することによる、先の見通しや安心感だったり。あるいは、もっとべつのナニカだったり。

「どっちが正解なんだろうね?」

わたしは、ふたたび妖精さんと自分に問いかける。

「それは……」

妖精さんの答えは、か細くて聞き取れなかった。なぜか、答えを知りたいのに、もういちど尋ねる気にはならない。

しかたがないので、自分に問いかけてみよう。

「どっちが正解なんだろうね?」

「それは──」

(この物語はフィクションであり、比喩であるかもしれません)

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

『いいね!』するとFacebookで更新をチェックできます

track feed
はれときどきくもりZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2016年のふりかえり。アプリ開発してたら、アプリ開発本を出版できるようになったり、ベストディベロッパーになったりしました。

2016年もあとわずかですが、子どもたちの寝かしつけも終わ...

記事を読む

好きなことと得意なことと役に立つことの境界線にぼくは立ちたい

仕事とは、人が嫌がることをするからお金をもらえるんだ だれが言った...

記事を読む

決意

それは金剛石のように固い 朝、目をさます。 わたしは、カーテンを開...

記事を読む

すぐにはわからないもの

その答えは本当? 育児をしていると、答えがほしくなることが多い。それ...

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

no image
この2時間≠あの2時間?

耳鼻科に並ぶよいつまでも ここ何年か、耳鼻科にいくことが増えた。という...

no image
それでもぼくは書きつづける

ぼくが書くワケ ポツポツと、重たい手つきでキーボードを叩く。 うす...

だれマターかちょっぱやでコンセンサスとったらハレーションも怖くない。『日常会話にも使えるかも?便利なビジネス用語集』ステッカーをリリースしました

ビジネス用語だけど、日常会話にも使える(かも) 『日常会話にも使える...

2016年のふりかえり。アプリ開発してたら、アプリ開発本を出版できるようになったり、ベストディベロッパーになったりしました。

2016年もあとわずかですが、子どもたちの寝かしつけも終わ...

アプリ道場アワードで、なんとベストディベロッパーに!

イラスト もっと知りたいリンゴあれこれのゆこびん(@yucovin...

→もっと見る

PAGE TOP ↑