*

とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。

弱い音と書いてよわねと読む。それはどんな音だろう?

先日リリースしたこぱんたっぷAR というアプリは、無料セールをしましたが20ダウンロードくらいです。

こぱんたっぷAR
カテゴリ: ゲーム, アクション, エンターテインメント, ファミリー
価格: ¥120(記事掲載時)

あまりのすくなさに、ストアから取りさげようかと思うくらい落ちこみました。自分では、ARをうまくつかったおもしろいゲーム体験だと思うのですが……。

昨年リリースしたパンダクリンARも、惨憺たる結果です。アイデアはおもしろいと思うのですが、1年間で数10ダウンロードというあまりにも悲しい状態です。

パンダクリンAR 〜ぱぱんだっこと一緒にお片づけ〜
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
価格: ¥240(記事掲載時)

プロダクトそのものがダメなのか、エッジが立っていないのか、プロモーションがダメなのか、そもそも需要がなさ過ぎるのか……。

理由はわかりませんが、数10ダウンロードです(切なすぎるので二度いいました)。

個人アプリ開発者の苦悩はつづきます。

まるでかげろうの羽音のように

個人開発アプリは、マーケティングが大事です。

なにしろ、App Storeにはたくさんのアプリがありますし、アプリを知られないことは存在しないことと同じです。

とはいえ、まずはプロダクトありきです。アプリ自体がよくなければ、いくらマーケティングに力を入れても、ダウンロードしてもらえないでしょう。わたしがアプリをつくるときは、そのときどきの全力でよいアプリにしようと手をつくしています(実力が足りなくて、泣く泣く機能追加をあきらめることはありますが)。

また、わたしがつくるアプリはニッチなものです。

個人開発だからニッチを狙っているという面もありますが、アプリのアイデアの出し方にもその理由があります。まず、自分の周囲5mくらいのテーマを元に、アイデアのタネを集めます。そして、そのタネを、100mくらいまで届くように育てます。このようにしてアプリを開発しているので、ニッチなものになります。

こうして完成したアプリですから、とても愛着があります。

愛着があるので、「みんなー、このアプリを使って! 遊んで!」という気持ちがあふれて、自然とプロモーションにも力がはいります。

わたしがプロモーションをするときには、プロダクトそのものの情報はもちろんですが、プロダクトにまつわる技術やストーリーもだすようにしています。とくに、ストーリーは重視しています。なぜかというと、自分自身がプロダクトのストーリーを読むのが好きだからです。

こぱんたっぷARについて書いたこちらの記事でも、アプリの紹介だけでなく、アプリができあがる過程のストーリーを書いています。

こうやって、あらためて自分のマーケティング方法を見なおしてみると、わりと力をいれてるなと感じます。しかし、冒頭で紹介したように、まったく実績がついてきてなくて泣きそうになります。

それは暑い夏のまぼろしのような

毎回、「こんどのアプリはいける! すごくいける!」と思いながら、アプリをリリースしています。そして、ダウンロードがすくなすぎて落ちこむ、というパターンをくりかえしています。

なにが足りないのかわかりませんが、試行錯誤しながらやっていくしかありません。なにしろ、人生には必勝法はないのですから。

唯一の救いは、アプリ開発が楽しいということです。

何ヶ月もかけてつくったアプリが数十ダウンロードなんて、楽しくなかったらぜったいつづけられません。

たとえかたつむりのような歩みでも

と、泣き言ばかりつづりましたが、数十人ものひとがダウンロードしてくれてるんですから、ありがたいことです(なかには、お金をだしてまで買ってくれてるひともいるのです!)。

どこのどなたか存じませんが、感謝しています!

というわけで、落ちこんだりもしたけれど、たくさんのひとたちに支えられて、わたしは元気にアプリ開発してます。

遅れていますが、アプリ開発本の執筆も元気にやっています。本を書くのはすごく大変ですが、やっぱりおもしろいです。

スペシャルサンクス

倉下さんメルマガ – R-styleに『ノンマーケター・マーケティング』というコーナーがあります。タイトルどおり、マーケターでないひと向けのマーケティングについて書いているコーナーです。

メルマガを読んでいろいろ感じることがあったので、Twitterにつぶやきを放流しました。今回の記事は、それらのつぶやきを再編集したものです。

いたのくまんぼうさんのこちらの記事『【Unite 2017 Tokyo】いかにして個人制作ゲームで生きていくか〜スマホゲームレッドオーシャンの泳ぎ方〜 講演動画公開されました。』も、個人アプリ開発者として、とても参考になります。

『千里の道も一歩から』を胸に、これからもアプリ開発者としての千里坂を歩んでいきます。

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【関連する記事】

 

ぱぱんだっこティザーサイト | はれときどきくもりZ

 

ぱぱんだっこLINEスタンプをリリースしました! ゆるくて楽しいほのぼのスタンプです。 | はれときどきくもりZ

 

ARで簡単・楽しくお片づけできるアプリ『パンダクリンAR』ついにリリース! | はれときどきくもりZ

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

『いいね!』するとFacebookで更新をチェックできます

track feed
はれときどきくもりZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事

信号

フリー写真素材ぱくたそ 信号ってありますよね。 ええ、さようで...

記事を読む

あなたのiPhoneで、不思議な世界をのぞいてみませんか? タップだけの簡単操作で遊べるキュートでポップなアクションゲーム『こぱんたっぷAR』をリリースしました。

祝! こぱんたっぷARリリース! こちらの記事で告知したよう...

記事を読む

ARKitをつかったARゲームアプリ『こぱんたっぷAR』を9月20日にiOS11と同時リリースします。

こぱんたっぷARカテゴリ: ゲーム, アクション, エンターテイン...

記事を読む

それはまるで宝物のように

フリー写真素材ぱくたそ 振り向けば輝いていたあの日 ...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

トラックバック用URL:

コメントフィード

  1. […] とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。 | はれときどきくもりZ […]




管理人にのみ公開されます

信号

フリー写真素材ぱくたそ 信号ってありますよね。 ええ、さようで...

とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。

弱い音と書いてよわねと読む。それはどんな音だろう? 先日リリースした...

あなたのiPhoneで、不思議な世界をのぞいてみませんか? タップだけの簡単操作で遊べるキュートでポップなアクションゲーム『こぱんたっぷAR』をリリースしました。

祝! こぱんたっぷARリリース! こちらの記事で告知したよう...

ARKitをつかったARゲームアプリ『こぱんたっぷAR』を9月20日にiOS11と同時リリースします。

こぱんたっぷARカテゴリ: ゲーム, アクション, エンターテイン...

それはまるで宝物のように

フリー写真素材ぱくたそ 振り向けば輝いていたあの日 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑