ARKitをつかったARゲームアプリ『こぱんたっぷAR』を9月20日にiOS11と同時リリースします。


こぱんたっぷAR
カテゴリ: ゲーム, アクション, エンターテインメント, ファミリー
価格: 無料(記事掲載時)

ARKitとは?

ARKitとは、iOSでAR(拡張現実)を簡単につかえるようにするための仕組みです。

アップルが開催した、WWDC2017という開発者向けカンファレンスで発表され、iOS11から一部の機種(対象の機種については『【iOS 11】Appleが推す「拡張現実」に一部機種は非対応 | AppBank – iPhone, スマホのたのしみを見つけよう』をご覧ください)でつかえるようになります。

iPhoneに内蔵しているカメラやセンサーを駆使して現実空間を認識して、任意の位置にアンカーという目印をつけることができます。たとえば、『iOS 11の「ARアプリ」は、iPhone 6s以上のデバイスでしか使えないらしい | かみあぷ – iPhoneひとすじ!』で紹介されているデモでは、机の上にアンカーで目印をつけて、その場所にコーヒーカップを置いています。

わたしは、『パンダクリンAR』というARをつかった位置合わせゲーム感覚お片づけアプリをリリースしていることもあり、ARKitが発表されたときに興味をひかれました。

パンダクリンAR 〜ぱぱんだっこと一緒にお片づけ〜
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
価格: ¥240(記事掲載時)

どんなアプリをつくろうかな?

WWDC での発表を見たときにまず考えたのは、「ARKitを使ったアプリを開発してみたい」でした。しかし、つぎに頭にうかんだのは「ARKitを使う理由がキチンとあるアプリ、もっというと、ARKitだからこそできるあたらしいアプリ体験をうみだしたい」でした。

あたらしい技術をみると挑戦したくなるエンジニアは多いと聞きます。わたしもそのひとりで、あたらしい技術をみるとワクワクして、自分で試してみたくなります。

とはいえ、せっかくARKitというおもしろそうな技術をつかうのですから、ARKitならではの体験ができるアプリをつくりたくなります。

というわけで、WWDCのセッション動画をみたり、アップル公式ドキュメントを読んだり、ARKitをつかったサンプルアプリをつくったりしてARKitの勉強をしながら、あたらしいアプリのアイデアをねりねりしていました。

余談ですが、このときに書いたARKitについての記事はこちらです。ARKitに興味があるかたはご覧ください。

WWDC2017のデモアプリみたいに、ARKitとSpriteKitをつかってSKNodeをタップしてみた – Qiita

ARKitでつくったAR空間上に置いたSpriteKitのSKNodeをアニメーションで動かす方法 – Qiita

まずは、いままでEvernoteにため込んだ300近いアプリのアイデアをぜんぶ見直しました。それらのアイデアにARKitという調味料をふりかけることで、あたらしい味の地平が開けないか? と考えながら。また、App Storeでいろんなアプリをながめたり、日常生活のいろんな場面でヒントを探しました。

ひらめいた!

そんなある日、ついにひらめきました!

それは、Twitterをながめているときのことです。タイムラインにおいしそうな肉料理の写真が流れてきました。いわゆる飯テロというヤツです。

その写真を、おいしそうだなーとボンヤリ眺めていましたが、そのときにピンときたのです。

飯テロ写真をつくるアプリ、名づけて『ARグルメカメラ』を開発しよう、と。

というわけで、さっそく『ARグルメカメラ』の開発をはじめました。

うーん……

開発をはじめてしばらくして、なんとなく試作品ができたころのことです。

わたしは開発中の『ARグルメカメラ』アプリをつかって、飯テロ写真を撮っていました。

お茶碗に盛ったごはんの横に、肉料理の写真をARで置いて、写真に撮ってみました。まだ試作品なので、いろいろアラはありますが、雰囲気は伝わってきます。よしよし、この調子でいけそうだ。そう思う一方でなにかがひっかかり、うーん……となりました。

おもしろそうなアプリなのに、なぜかあまり気乗りしない。なんでだろう? しばらくうんうんうなりながら考えて、その理由がわかりました。

その理由とは、『自分では、飯テロ写真をしないこと』です。

自分が楽しめることが基本

なーんだ、そんなことか。そう思われたかもしれません。しかし、わたしにとっては大事なことです。

ドッグフーディングという言葉があるように、自分で開発したアプリを自分で使うことは、意外と大切です。なにしろ自分で使うのですから、不満点があれば解消したくなりますし、よりよい改善をすれば自分が楽しくなります。

それよりなにより、わたしは『自分も楽しめるアプリを開発したい』とつねに考えています。

もちろん、仕事で開発するアプリや、大ヒットを狙っていくなら、ちがう考え方が必要なときもあるでしょう(そうでないこともあるでしょう)。しかし、少なくとも、わたしが個人で開発するアプリに関しては、この考えが基本です。

『自分が楽しめるアプリ』という素材に、『ほかのひとも楽しめる要素』で味付けをする。そうすることで、自分も楽しめて、ほかのひとも楽しめるアプリができあがるのではないか。そう考えています。

というわけで、ふりだしにもどり、あらたなアイデアを求める旅が再びはじまりました。

答えはいつも目のまえに

そんなときにふと思いだしたアプリがあります。

それは、約2年前に開発していた『こぱんたたき』というゲームアプリです。かわいいパンダが登場するアプリ『ぱぱんだっこ』シリーズ初のゲームアプリとして開発していました。かなりつくりこんでいましたが、いろいろな理由があって開発を中断していました。

そうだ、こぱんたたきをARKitに対応すれば、おもしろいゲームアプリになるんじゃないだろうか!

そう考えたわたしは、さっそくお試しアプリをつくって遊んでみました。

これはいける!!

手応えを感じたわたしは、こぱんたたきARの開発に邁進しました。もとのアプリから持ってこれる部分もありましたが、ほとんど作りなおしが必要でした。しかし、こぱんたたきARがもつあたらしい体験に可能性を感じたわたしは、作りなおしをものともせず、ひたすら開発を進めました。

目標はiOS11と同時リリースです。

9月20日リリースします

というわけで、紆余曲折ありましたが、こぱんたたきARあらため『こぱんたっぷAR』は、9月20日にiOS11と同時リリースします。

無事にアップルの審査も通過して、いまは電子の世界でその出番を静かに待ち構えています。

冒頭の記事にもありましたように、ARKitの仕様で、iPhone SEとiPhone 6s以降の機種だけが対象となります。もし、対象の機種をお持ちのかたは、iOS11にアップデートをして、こぱんたっぷARで遊んでみてください。

こぱんたっぷARのキャッチコピーは、『あなたのiPhoneで、不思議な世界をのぞいてみませんか? タップだけの簡単操作で遊べるキュートでポップなアクションゲーム』です。

どうぞお楽しみに!

こぱんたっぷAR
カテゴリ: ゲーム, アクション, エンターテインメント, ファミリー
価格: 無料(記事掲載時)

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

【関連する記事】

ぱぱんだっこティザーサイト | はれときどきくもりZ

ぱぱんだっこLINEスタンプをリリースしました! ゆるくて楽しいほのぼのスタンプです。 | はれときどきくもりZ

ARで簡単・楽しくお片づけできるアプリ『パンダクリンAR』ついにリリース! | はれときどきくもりZ

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

それはまるで宝物のように


フリー写真素材ぱくたそ

振り向けば輝いていたあの日

小学生一年生の七歳児と、いっしょに下校したある日。

七歳児は、すこしつかれているように見えた。

一年生のわりにしっかりしたその身体でも、ランドセルはおおきくて重そうだ。不慣れな学校生活の重みも、つかれた様子に拍車をかける。いくら学校が大好きでも、まだ一年生になったばかりなのだから。

その姿を見て、わたしは「抱っこしようか?」と七歳児にたずねた。しかし、返ってくる答えは「いいよ、いいよ。自分で歩くから」というものだった。

そのとき、ある思い出が鮮明によみがえった。

それは、七歳児がまだ幼稚園に通っていたころ(つまり六歳児だったころ)。

それは、卒園間近の思い出。

六歳児は、幼稚園に送っていくときに、ある場所まで来るとかならず「だっこ」といって抱っこをせがんだ。わたしは、毎日の送り迎えによる疲労と、抱っこするにはやや重たい六歳児の体重を考えて、すこしため息がでた。しかし、卒園すると、こうやっていっしょに歩くことも少なくなるだろう。そう思い、力をふりしぼって抱っこした。

抱っこをせがむときの六歳児のまぶしいほどの笑顔、触れあう肌から伝わる六歳児のぬくもり、全身にのしかかる六歳児の重み。すべてがなつかしく輝いている。

わたしはジワリと浮かびそうな涙をこらえて、重たいランドセルを背負いながらとなりを歩く子ども見る。

あのときの六歳児はもういない。
ここにいるのは、自分で歩くことを知った、成長した七歳児だ。
あのときの六歳児はまだいてる。
わたしの心にいるのは、抱っこで共に歩む、すこし甘えん坊な六歳児だ。

あのときの六歳児のまぶしいほどの笑顔、触れあう肌から伝わる六歳児のぬくもり、全身にのしかかる六歳児の重み。

そのすべてが鮮明に。
そのすべてがずっと。

わたしの心にある、大切なものをしまう箱のなかに。

〜Fin〜

番外編『それはまるで悪夢のように』

これはすべて実話である。

成長とともに姿を消し、まるではじめから存在しなかったようにふるまう、悪夢のような実話……。

今日も明日も終わらない寝かしつけ。
未来永劫つづく呪いのようなイヤイヤ攻撃。
ちぎっては投げ、ちぎっては投げられる離乳食。
おむつを替えた直後をねらいすましたかのようにとびだすう〇ち。
通じるようで通じない恋愛映画のようにもどかしいコミュニケーション。

わたしはジワリと浮かびそうな涙をこらえて、悪夢のようなこれらの過程をとおりすぎた七歳児を見る。

ひとりで寝てくれる。
ひとりでトイレに行く。
ひとりでごはんを食べる。

嗚呼、なんて楽チンなんだろう。
成長するって、いろいろステキ。

ビバ! 成長。

これはすべて実話である。
そっとしまっている実話。

わたしの心にある、本音をしまう箱のなかに。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

この2時間≠あの2時間?

耳鼻科に並ぶよいつまでも

ここ何年か、耳鼻科にいくことが増えた。というのも、子どもがたびたび中耳炎になりかけるからだ。
耳鼻科の先生によると、子どもは顔がちいさいので、耳と鼻をむすぶ管がみじかくて、鼻水が耳にいきやすいそうだ。なんともかわいらしい理由ではないか(症状はかわいらしくないが)。

子どもを連れていくようになってから知ったのだが、耳鼻科はやけに混む。本当に混む。USJも真っ青の混みぐあいだ。はやくても1時間待ち、遅めに行こうものなら2時間待ちなんてあたりまえだ。

しかし、何回か行くうちにコツをつかんだ。とてもシンプルなコツだ。それは、『病院が開く時間よりもまえに並んで待てば、はやく診察を受けることができる』というものだ。

なーんだ、そんなことか。そう思われたかもしれない。しかし、じつはここにもワナがひそんでいる。おなじことを考えて実践するひとがたくさんいるのだ。つまり、病院が開く時間よりまえに行っても、すでに待ち行列ができているというわけだ。

そうなると、あとは『いかにはやく並ぶか』というレースになる。何回か試した結果、病院が開く時間の1時間半まえにならぶと、遅くとも3番目までには受診できるということがわかった(ちなみに、この文章を書いているときは2番目だった)。

ちょっとまって、プレイバックその時間

はやく受診できるようになってよかったよかった。と、ひと安心していたのだが、ふと疑問が頭にうかんだ。

「もしかして、病院が開くまえにならんでも、開いてからならんでも、トータルの待ち時間はあまりかわらないのでは?」と。

病院が開くまえからならぶときは、病院が開くまでの待ち時間は1時間半だ。そして、だいたい15分以内に診察が終わる。つまり合計時間は1時間45分だ。

病院が開いてからならぶときは、(時間帯にもよるが)1時間〜2時間まって、診察は10分ほどで終わる。つまり、最短で1時間10分、最長で2時間10分だ。

驚いたことに、運がよければ(たまたま病院がすいていれば)、病院が開いてから待つほうが35分ほど早く終わるではないか。それなら、朝のせわしない時間にあくせくすることもない。病院がすいていることを祈りつつ、のんびりと病院にむかったらいいのだ。

そのウソほんと? ほんとウソ?

と、ここまで考えて、また手が止まる。心のなかの妖精さんがつぶやくのだ。

「ほんとうに、それでいいの?」

「うーん、どうなんだろう?」わたしは、妖精さんと自分にもういちど問いかける。

たしかに、運を天に任せても、時間が短くなる可能性はある。でも、そのかわりに失うものもあるんじゃないのかな。たとえばそれは、ほぼ時間が確定することによる、先の見通しや安心感だったり。あるいは、もっとべつのナニカだったり。

「どっちが正解なんだろうね?」

わたしは、ふたたび妖精さんと自分に問いかける。

「それは……」

妖精さんの答えは、か細くて聞き取れなかった。なぜか、答えを知りたいのに、もういちど尋ねる気にはならない。

しかたがないので、自分に問いかけてみよう。

「どっちが正解なんだろうね?」

「それは──」

(この物語はフィクションであり、比喩であるかもしれません)

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

それでもぼくは書きつづける

ぼくが書くワケ

ポツポツと、重たい手つきでキーボードを叩く。

うす暗い部屋に、ぼんやりと光る画面。そこに浮かびあがる文章を見て、ぼくはそっとため息をつく。頭のなかにひろがる、無限の可能性を帯びた、七色に輝く素晴らしい文章とのギャップに、ぼくは絶望すらおぼえる。

それでもぼくはキーボードを叩く。

はたから見れば、まるで苦行をかさねているような姿で。

まだ見ぬあたらしい文章にめぐりあえるその日を夢みて。
まだ見ぬだれかが文章とめぐりあうその日を夢みて。

あとがき

いつもこんな感じというわけではなく、ウヒャッホーイ、今夜はサイコー、とノリノリで書いているときもあります。ねんのため。

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【関連する記事】

【重大発表】iPhoneアプリ開発本を執筆して、C&R研究所さんから出版します! | はれときどきくもりZ

 

あずきちゃんと虹色クレヨンを出版しました! | はれときどきくもりZ

 

ARで簡単・楽しくお片づけできるアプリ『パンダクリンAR』ついにリリース! | はれときどきくもりZ

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

だれマターかちょっぱやでコンセンサスとったらハレーションも怖くない。『日常会話にも使えるかも?便利なビジネス用語集』ステッカーをリリースしました

ビジネス用語だけど、日常会話にも使える(かも)

『日常会話にも使えるかも?便利なビジネス用語集ステッカー』という長い名前のステッカーをリリースしました。

日常会話にも使えるかも?便利なビジネス用語集
カテゴリ: ステッカー, アート, ピープル, ビジネス
価格: ¥120(記事掲載時)

名前の通り、日常会話にも使える(かもしれない)ビジネス用語を集めたステッカーです。

ビジネスの世界では、たくさんのビジネス用語があります。なかには、微妙なニュアンスを表現できたり、逆に広い意味を持たせることができるものもあります。ビジネス用語ステッカーをつかえば、『ちょっぱやでフィードバックもらってWin-Winになることアグリーです』というように、あなたの会話の幅がグッと広がります。

使いかたの例

いろいろな場面で使えるステッカーですが、たとえばこんな風につかえます。

デートの約束をするとき

「デート行かない?」

「じゃあ、週末はどうかな?」

「じゃあ、来週は?」

「いつならいける?」

ステッカーの内容

ビジネス用語ステッカーには、全部で64種類のビジネス用語が含まれています。

謝辞

ビジネス用語ステッカーのフォントは、白舟書体さまの白舟行書教漢を使用しています。 素敵なフォントをありがとうございます。

おわりに

今回もStudio Rainbow一家総出でステッカーを作成しました。

『企画・原案・監修・プログラム』わたし
『デザイン・イラスト・翻訳校正』妻
『ツッコミ(チーン。)』七歳児
『ツッコミサポート(あははー)』四歳児
『つかまり立ち(できるようになった)』一歳児

ビジネス用語ステッカーで、あなたの会話がポンポン弾んで、楽しんでいただけると幸いです。

それでは、これからも虹色工房(Studio Rainbow)をよろしくお願いします。

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

日常会話にも使えるかも?便利なビジネス用語集
カテゴリ: ステッカー, アート, ピープル, ビジネス
価格: ¥120(記事掲載時)

 

【関連する記事】

ARで簡単・楽しくお片づけできるアプリ『パンダクリンAR』ついにリリース! | はれときどきくもりZ

 

子どもの寝かしつけに使えるApple TV用のアプリをリリースしました | はれときどきくもりZ

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px