2016年のふりかえり。アプリ開発してたら、アプリ開発本を出版できるようになったり、ベストディベロッパーになったりしました。


2016年もあとわずかですが、子どもたちの寝かしつけも終わったので、今年の振り返り記事を書いています。

今年もじつにいろいろなことがありました。数年後に振り返ったときに『あのときが人生の転機だったな』と思うような、重大な出来事もありました(ここ数年は、毎年そんな感じですが)。

アプリ開発

テレビさんねんね 〜ぱぱんだっこといっしょに寝かしつけ〜

年明け早々に、Apple TV用のアプリをリリースしました。

子どもの寝かしつけに使えるApple TV用のアプリをリリースしました | はれときどきくもりZ

うちのちびっ子たちのように、テレビを見たくてなかなか寝てくれない子どもの寝かしつけをサポートするというアプリです。個人的にはかなりお気に入りですが、なかなかダウンロードしてもらえなくて、ちょっと残念です。もっとたくさんのかたに使っていただけるように、来年はアップデートに力を入れていく所存です。

パンダクリンAR

つぎにリリースしたのは、AR(拡張現実)をつかって、楽しくお片づけができるアプリです。

ARで簡単・楽しくお片づけできるアプリ『パンダクリンAR』ついにリリース! | はれときどきくもりZ

アプリ開発をはじめたときに思いついたアイデアを、約二年越しで実現したという思い入れの深いアプリです。個人的にはかなりお気に入りですが、なかなかダウンロードしてもらえなくて、ちょっと残念です。

実際につかったかたからはご好評いただいて、『魔法のようなアプリ』『このアイデアは素晴らしい』といったコメントを頂戴しました。もっとたくさんのかたに使っていただけるように、来年はアップデートに力を入れていく所存です。

浮世絵時計

おつぎは、浮世絵時計アプリです。

Apple TVの浮世絵アプリが浮世絵時計としてリニューアル。同時リリースのiOS版で、いつでも浮世絵を楽しもう。 | はれときどきくもりZ

こちらは、元々はApple TV用にリリースしていた浮世絵アプリをアップデートして、iPhoneやiPadにも対応したものです。

じつは、最初はiPhoneやiPadに対応するつもりはありませんでした。しかし、リファクタリングをしたおかげで、データやUIの取り回しがしやすくなったので、いっちょ対応してみるかとばかりにiPhoneとiPadでも動くようにしました。個人的にはかなりお気に入りですが(ry

ぱぱんだっこシリーズ

ぱぱんだっこシリーズにも力を入れました。

『ぱぱんだっこ』とは、妻が描いたかわいいパンダのキャラクターです(先ほど紹介したパンダクリンARに登場しているパンダがそうです)。

その『ぱぱんだっこ』の原点であるアプリ、その名も『ぱぱんだっこ』をアップデートして、ひよこボタンに対応しました。

iPhoneアプリのぱぱんだっこと #ひよこボタン がコラボレーションしました | はれときどきくもりZ

わたし自身、仕事の都合でベビーカーに子どもを乗せて満員電車に乗り込んだりしていたので、そういう状況で子どもが泣いたり騒いだりすることの心苦しさがよくわかります。ですので、ひよこボタンのアイデアを知ったときに、すぐにアプリにひよこボタン機能を追加しました。また、できるだけたくさんの人に知ってもらいたい、つかってもらいたい、と思ったので、アプリを完全無料にしました。

また、iOS10からiMessageでステッカーを送れるようになったので、ぱぱんだっこLINEスタンプのiMessage版をリリースしました。

ぱぱんだっこステッカーをリリースしました!(iOS10のiMessage対応) | はれときどきくもりZ

マーケティング

パンダクリンARをリリースするころに、アプリのマーケティングにも力を入れようと思い立ち、ぱぱんだっこのティザーサイトをつくったりしました。

ぱぱんだっこティザーサイト | はれときどきくもりZ

ここでは、ぱぱんだっこのキャラクターとアプリに関連した内容でスターウォーズのパロディーストーリーを書いたり、こちら↓の記事のようにぱぱんだっこ開発秘話を掲載したりしています。

すべてはここからはじまった 〜ぱぱんだっこ伝説の誕生〜 | はれときどきくもりZ

アプリ開発という冒険のはじまり | はれときどきくもりZ

なぜぱんだなのか? 〜ぱぱんだっこはこうして生まれた〜 | はれときどきくもりZ

アプリそのものというよりは、アプリに関連するコンテンツを楽しんでいただく開発資料集を目指しました(個人的にそういうのがとても好きなのです、はい)。

ぱぱんだっこはお気に入りのキャラクターなので、これからも関連するアプリやグッズなどをつくって、もっと活躍してもらいたいなといろいろ画策しております。

会社でのチーム開発

三年まえにアプリ開発をはじめて以来、ずっと個人で開発をおこなってきました。

個人開発ならではのアプリ、また、自分ならではのアプリを開発したいと考えているので、個人開発はずっとつづけていきます。しかし、会社やチームでのアプリ開発もやってみたいと思って、就職支援サイトなどをつかって活動してきました。

そのかいあって、actuarise株式会社さん、そして株式会社ドラプロさんといっしょにお仕事をすることができました。

育児×副業×テレワーク・リモートワーク | はれときどきくもりZ

育児×副業×テレワーク・リモートワークのつぎは…… | はれときどきくもりZ

会社やチームでのアプリ開発は、予想以上にエキサイティングで、またやりたいなあと考えています。

アプリ開発講師

約二年前から、ご縁があってアプリ開発講師をしています。

アプリ開発二年生が、人にアプリ開発を教えられるのか? という心配はありましたが、幸いたくさんのかたにサポートいただき、なんとかかんとかやっていくことができました。

講師の経験を通じて、自分自身とても勉強になりましたし、教えることの楽しさ(と大変さ)、わかりやすく伝えるために工夫することの楽しさを知りました。また、『アプリ開発に興味があるけど、自分には無理』と思い込んで一歩をふみだせないひとの背中をそっと押したい、という想いが強くなりました。

そこで、講師としてだけでなく、困っているひとがもっと手軽に利用できるサービスをつくりたいと考えて、オンラインでのサポートサービスをはじめました。

iPhoneアプリ開発オンラインサポート『アプリクエスト 光の玉』はじめます | はれときどきくもりZ

アプリ開発本の執筆と出版

先ほども書きましたが、わたしは『アプリ開発に興味があるけど、自分には無理』と思い込んで一歩をふみだせないひとの背中をそっと押したい、と常々願っています(なぜなら、自分自身が背中を押してもらったからです)。

そのためにも、講師やオンラインサポートだけでなく、いつかアプリ開発の本を執筆して出版したいと考えていましたが、なかなかその機会はありませんでした。

しかし、今年も終わりにさしかかる12月に、ついにその機会を得ることができました。詳しくはこちら↓の記事に書いていますが、不思議なご縁とサポートのおかげです(湊川さん@llminatoll、その節はありがとうございました)。

【重大発表】iPhoneアプリ開発本を執筆して、C&R研究所さんから出版します! | はれときどきくもりZ

せっかくいただいた機会なので、自分の想いを実現するためにも、応援してサポートしてくださるかたのためにも、そしてまだ見ぬ読者のみなさんのためにも、「この本のおかげでアプリ開発を楽しくはじめることができた」と言ってもらえるような本にするべく、ウンウンと頭をひねりまくっています。

ベストアプリ・ベストディベロッパー

わたしがアプリ開発をはじめて学んだアプリ道場で開催された『アプリ道場アワード2016』で、なんとベストアプリとベストディベロッパーに選んでいただきました。

アプリ道場アワードで、なんとベストディベロッパーに! | はれときどきくもりZ_

先ほども書いたように、残念ながらダウンロード数は少ないですが(自分で書いてて切ない)、評価をしていただけたのはとてもうれしいし、はげみになります。

エッセイ

今年の春頃には、とつぜんエッセイ熱が盛り上がって、いくつかエッセイを書いていました。

日常の中の非日常 | はれときどきくもりZ

How to judge. それって勝ち、それとも負け? | はれときどきくもりZ

すぐにはわからないもの | はれときどきくもりZ

決意 | はれときどきくもりZ

好きなことと得意なことと役に立つことの境界線にぼくは立ちたい | はれときどきくもりZ

創作

最近はアプリ開発に力を入れているのでペースは落ちていますが、小説の執筆もコツコツとつづけています。

こちらは、ジュブナイルに挑戦してみたくて書いた、久しぶりの新作です。

鍵っ子探偵ジョー【創作の本棚】 | はれときどきくもりZ

つづきの構想は頭のなかにあるので、ぼちぼち書いてます。

まとめ

今年もじつにいろいろなことがありました。

数年後に振り返ったときに『あのときが人生の転機だったな』と思うような、重大な出来事もありました。

そして、いつも感じることですが、わたしは、人に、ご縁にめぐまれているなあと思います。

新しい出来事、素敵な出来事は、いつもだれかのご縁でわたしのもとにおとずれます。そのことに感謝しつつ、身を引き締めつつ、ちょっとひと息いれつつ、今年を締めくくります。

みなさま、本年もありがとうございました。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

【関連する記事】

ARで簡単・楽しくお片づけできるアプリ『パンダクリンAR』ついにリリース! | はれときどきくもりZ

浮世絵時計アプリをアップデートしました。さらに美しくなった浮世絵をお楽しみください。 | はれときどきくもりZ

あずきちゃんと虹色クレヨンを出版しました! | はれときどきくもりZ

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

アプリ道場アワードで、なんとベストディベロッパーに!


イラスト もっと知りたいリンゴあれこれのゆこびん(@yucovin

アプリ道場アワードとは

アプリ道場アワードとは、アプリ道場ことアプリクリエイター道場で一年に一回開催されるアプリの祭典です。

アプリ道場卒業生がその年にリリースしたアプリがノミネートされ、投票によって各賞の受賞アプリを決定します。また、アプリをリリースした開発者本人も同時にノミネートされます。そして、アプリと同じように、投票によってベストディベロッパーが決定されます。

38本ものアプリがノミネート

なんと今年は、38本ものアプリがノミネートされました。

そのうち、わたしが開発したアプリは、つぎの四本です。

テレビさんねんね ぱぱんだっこといっしょに寝かしつけ

子どもの寝かしつけに使えるApple TV用のアプリをリリースしました

テレビさんねんね ぱぱんだっこといっしょに寝かしつけ
カテゴリ: 教育
価格: ¥120(記事掲載時)

浮世絵時計

Apple TVの浮世絵アプリが浮世絵時計としてリニューアル。同時リリースのiOS版で、いつでも浮世絵を楽しもう。

浮世絵時計 あなただけの美術館
カテゴリ: ユーティリティ, ライフスタイル
価格: ¥240(記事掲載時)

パンダクリンAR

ARで簡単・楽しくお片づけできるアプリ『パンダクリンAR』ついにリリース!

パンダクリンAR 〜ぱぱんだっこと一緒にお片づけ〜
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
価格: ¥240(記事掲載時)

ぱぱんだっこステッカー

ぱぱんだっこステッカーをリリースしました!(iOS10のiMessage対応)

ぱぱんだっこステッカー
カテゴリ: ステッカー, 動物/自然, キッズ/ファミリー
価格: ¥120(記事掲載時)

なんと二本のアプリが受賞。そして……

自分が開発したアプリが受賞できたらいいなあ、四本もあるんだから一本くらい受賞できるかな、とワクワクドキドキしながら発表を待ちました。

そして、待ちに待った発表日になりました。はやる気持ちをおさえて、じっくりと発表を見ていきます。

すると……

なんと二本のアプリが受賞しているではありませんか! ベストアプリ三位に浮世絵時計アプリが、そして、ベストアプリ一位にパンダクリンARが見事に選ばれました!

この二本のアプリは、とくに気合をいれて開発したので、非常に思い入れがあります(もちろん、自分で開発したアプリは、どれもかわいくてお気に入りですが)。それだけに、受賞のお知らせは、とてもうれしかったです。

ちなみに、同率三位がMac版 Adバスターで、同率一位が俺の剣(みち)という、とてもいいアプリたちです。それらのアプリと同率に選んでもらえたことが、よりわたしの気持ちを弾ませてくれました。

Adバスター – ウェブ画面上の広告をブロック
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: ¥240(記事掲載時)

俺の剣(みち) 〜狙うぜ!頂上(てっぺん)〜
カテゴリ: ゲーム, スポーツ, スポーツ
価格: 無料(記事掲載時)

これだけでもかなりうれしいのですが、さらに、さらに、うれしいことがありました。

なんと、このわたくしが、ベストディベロッパー部門で一位に選ばれたのです!

しかも同率一位が、あのApp Store総合一位を獲得したAdバスターの開発者であるおおくにさんなのです。そんなすごいひとと並んで一位だなんて、ありがたいやらおそれおおいやらで、頭のなかではレインボーカーソルが十個くらいくるくるまわっています。

おまけに、投票のコメントがとても素敵な内容なのです。素敵すぎるので、いただいたコメントを引用しちゃいます。

としさんのは着想点、お馴染みの独自キャラ、生活に密着した利用法など全てが繋がっていて出るべくして生み出されたアプリで凄いと思います。

くやしくなるくらいに幅広い精力的な活動。Best Developerに相応しい。

としさんアプリ開発本を執筆・出版おめでとうございます!!

わたしのアプリは、何度かApp Storeでランキング入りをしたことはありますが、ダウンロード数でいうとまだまだです。しかし、わたしが開発したアプリの根っことなる、大切な部分を理解していただいていることに、とても驚くと同時に感激しました。

また、アプリ開発に関連して行ってきた活動──アプリ開発講師や、アプリ開発オンラインサポートや、先日決まったアプリ開発本の執筆・出版など──も評価していただきました。

アプリ道場に参加して、アプリ開発の楽しさを知って以来、自分でアプリを開発することはもちろん、これからアプリ開発をはじめたい人の背中をそっと押すことができたらいいな、と願いつづけて、いろいろな活動をしてきました。楽しいだけでなく、大変なこともたくさんありましたが、そういう活動を見て、評価してくださったことに、とても心強い気持ちになりました。

おかげさまで、また来年もバリバリやるぞー、と固く心に誓うことができました。

アプリ道場のみなさん、そして、いつも応援してくださっているみなさん、ありがとうございます。

これからもアプリ開発を軸として、様々な活動をつづけていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

受賞記念プレゼントのお知らせ

さて、ここで受賞記念プレゼントのお知らせです。

今回ベストアプリに選ばれた、浮世絵時計とパンダクリンARを、それぞれどーんと十名ずつ、合計二十名のかたにプレゼントいたします。

応募方法は以下のとおりです。
1.わたしのTwitterアカウント(@toshi586014)をフォローしてください
2.つぎの文章をコピーしてツイートしてください(そのままコピペでも構いませんが、ひとことメッセージをそえていただけると、わたしが泣いてよろこびます)。

浮世絵時計アプリがほしいかたは、こちらです

美しい浮世絵とクラシック音楽を楽しめる、浮世絵時計アプリのプレゼントに応募します。 https://toshi586014.net//2016/12/28/app-dojo-award/ #ukiyoeclock

パンダクリンARがほしいかたは、こちらです。

AR(拡張現実)をつかって魔法のようにお片づけができる、パンダクリンARアプリのプレゼントに応募します。 https://toshi586014.net//2016/12/28/app-dojo-award/ #PandaCleanAR

注意事項

当選者のかたにはTwitterのDMでお知らせしますので、フォローをお忘れなく。もしフォローがはずれていた場合は、別のかたが繰り上げ当選となります。

両方のアプリに応募していただけますが、当選はどちらか一方となります。

締め切り

締め切りは、今年いっぱい、2016年12月31日の23:59です。

当選の発表は、このブログで行います。たくさんのご応募をお待ちしております。

おまけ

もうひとつ、おまけのプレゼントがあります。

受賞記念セールとして、浮世絵時計とパンダクリンARの半額セールをおこないます(セールの開始は、当選者発表のあとを予定しています)。

めったにセールをしないので、ふたつのアプリに興味があるかたは、この機会をお見逃しなく。

それでは、これからも虹色工房(Studio Rainbow)をよろしくお願いします。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

【関連する記事】

ARで簡単・楽しくお片づけできるアプリ『パンダクリンAR』ついにリリース! | はれときどきくもりZ

浮世絵時計アプリをアップデートしました。さらに美しくなった浮世絵をお楽しみください。 | はれときどきくもりZ

あずきちゃんと虹色クレヨンを出版しました! | はれときどきくもりZ

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

【重大発表】iPhoneアプリ開発本を執筆して、C&R研究所さんから出版します!

重大発表

本日は重大な発表があります。

わたくし、このたび、iPhoneアプリ開発本を執筆することになりました。そして、株式会社 C&R研究所さんから出版します。

すこし長くなりますが、わたしがiPhoneアプリ開発本を書きたいと思った理由や、執筆・出版が決まるまでの経緯をお話しします。

なぜアプリ開発講師やサポートサービスをしているのか?

以前から、『アプリ開発をしたいけど自分にはムリ』、というかたの背中をそっと押すことができれば、と考えていました。

というのも、わたし自身が、『アプリ開発をしたいけど自分にはムリ』と自分で決めつけて、アプリ開発に興味があるのに、なかなか一歩を踏みだせなかったからです。

そんなとき、ハローライフの就職支援や、アプリ道場のあきおさんに背中を押していただいて、アプリ開発をはじめることができました。わたしはアプリ開発にすっかりハマって、妻にも「すごく楽しそうに仕事してる、アプリ開発はじめてよかったね」といってもらえるようになりました。

また、アプリ開発をはじめたおかげで、アップルストア銀座でショートコントをしたりリモートワークをしたりドラプロさんでお手伝いしたり、いろんな経験をすることができました。

こういった経験をとおして、いつかお世話になった皆さんに恩返しをしたい、と思うようになりました。恩返しといっても、直接するのではなく、未来のアプリ開発者の皆さんに、わたしがいただいたものをお裾分けするのです。つまり、『アプリ開発をしたいけど自分にはムリ』と一歩を踏みだすことができないかたの背中を、そっと押すお手伝いをしたいと考えたのです。

その一環として、アプリ開発初心者向けのアプリ開発講師をしたり、アプリ開発オンラインサポートサービスの『アプリクエスト光の玉』を主催したりしています。

なぜアプリ開発本を書きたいと思ったのか?

アプリ開発をはじめてから、たくさんのアプリ開発本のお世話になりました。

こちらの教科書シリーズや

こちらのゲームアプリ開発本など

これらのアプリ開発本には、たくさんのことを教えてもらいましたし、いろんな場面で助けていただきました。

そういった本に触れているうちに、わたしもいつかアプリ開発本を書きたい、と考えるようになりました。

そこで、ひっそりとアプリ開発本の企画をいくつかねりねりしてました。しかし、ひとりでねりねりしてるだけでは、当然、本を執筆、そして出版することはできません。

執筆・出版が決まるまでの経緯

そんなときに、湊川あいさん(@llminatoll)のこちらの記事『技術書を書きたいエンジニア募集中!C&R研究所 #わかばちゃんが行くオフィス訪問マンガ|CodeIQ MAGAZINE』を読みました。

なんと、出版社さんでも企画を探しているというではありませんか。もしかしたらわたしにもチャンスがあるかも、と考えるとすっかり気持ちがたかぶって、すぐさまこんなツイートをしました。

書きたい!→技術書を書きたいエンジニア募集中!C&R研究所 #わかばちゃんが行くオフィス訪問マンガ|CodeIQ MAGAZINE https://codeiq.jp/magazine/2016/11/46648/ @codeiqさんから

すると、このツイートを見た湊川あいさんが『本のテーマについて書いたブログ記事・QiitaなどあればURLも添付いただくと、伝わりがいいかもしれません』とアドバイスをくださいました(なんてやさしいんだ!)。

詳しくは湊川あいさんのこちらのスライドにも載っています。『ANDの才能』など、とてもおもしろくてわかりやすい内容なので、興味があるかたはぜひご覧ください。

ゼロから始める技術書執筆 by 湊川あい

ここまできたら、出版社さんへ企画を応募するしかない! と決意しました。陳腐な言い方をするなら、運命を感じたのです。

思い立ったが吉日とばかりに、すぐにC&R研究所さんに連絡をして、企画を送りました。そして、企画を見ていただいたあと、打ち合わせをしたいという連絡をいただいたので、一も二もなくお願いします! と返事をしました。

それからさらに企画をねりねりして、東京行きの夜行バスに乗りこみました。早朝の新宿に降りたったわたしは、コワーキングスペースで企画の最終確認をして、打ち合わせの場へとむかいました。打ち合わせはスムーズに進み、無事に執筆・出版が確定しました(バンザーイ!)。

お知らせ

これから、全体の構成をさらにねって、執筆していきます。

執筆の様子や、本の内容などを、こちらのティザーサイトで紹介していきます。アプリ開発本に興味があるかたは、ときどきご覧ください。更新したときは、わたしのTwitterアカウント(@toshi586014)でもお知らせします。

アプリ開発本ティザーサイト | はれときどきくもりZ

謝辞

思えば、アプリ開発をはじめたときも、思い立ったが吉日でアプリ開発体験会に申し込んで、関西から東京まで夜行バスで駆けつけました。

そして、その決定をするときには、たくさんの方々に背中を押してもらったり、支えてもらったりしました。

今回も、湊川あいさんの記事とアドバイスに背中を押してもらいました。また、とつぜんの東京行きにもかかわらず、笑顔で送りだして、しかもお弁当までもたせてくれた妻に支えてもらいました。

C&R研究所の池田社長には、出版についてなにも知らないわたしに、たくさんのアドバイスをいただきました。また、とても話しやすい雰囲気なので、打ち合わせをスムーズに進めることができました。

さらに、執筆・出版が決まったときには、たくさんの方々からお祝いの言葉をいただきました。

本当にありがとうございます。

技術書の執筆ははじめてなので、たいへんなことがたくさんあるかとおもいますが、この感謝をパワーへと変えて、よい本になるよう書いていきます。

いつかこの本を読んでくれたひとが、「アプリ開発って楽しそう、やってみよう」と、一歩を踏みだすきっかけになる。

その日を夢みて……。

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【関連する記事】

 

ARで簡単・楽しくお片づけできるアプリ『パンダクリンAR』ついにリリース! | はれときどきくもりZ

 

浮世絵時計アプリをアップデートしました。さらに美しくなった浮世絵をお楽しみください。 | はれときどきくもりZ

 

あずきちゃんと虹色クレヨンを出版しました! | はれときどきくもりZ

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

浮世絵時計アプリをアップデートしました。さらに美しくなった浮世絵をお楽しみください。

浮世絵時計アプリをアップデートしました

先日アップデートしたばかりですが、Apple TVとiPhone・iPad対応アプリ『浮世絵時計 あなただけの美術館』をまたまたアップデートしました。

浮世絵時計 あなただけの美術館
カテゴリ: ユーティリティ, ライフスタイル
価格: ¥240(記事掲載時)

今回の目玉は、『浮世絵画像の画質アップ』

浮世絵をより楽しんでいただくために、浮世絵画像の画質を向上しました。

テレビやiPadの大画面で、iPhone 7シリーズの高精細画面で、より美しくなった浮世絵をお楽しみください。

その他のアップデート内容

画質アップ以外では、つぎの二点の機能を追加しています。

・写楽の浮世絵をさらに追加。
・クラシック音楽を二曲追加。
ドビュッシー:ベルガマスク組曲 第3曲 「月の光」
リスト:コンソレーション [慰め] 第3番 変ニ長調

まだまだアップデートの計画があるので、どうぞお楽しみに。

浮世絵時計アプリをお楽しみください

お店やオフィスのBGMつき時計として、また、家族の団欒の時間などに、Apple TVで浮世絵とクラシック音楽をお楽しみください。

また、浮世絵時計アプリを実行しているiPhoneを置いておけば、お仕事のおともにもなります。

どんな感じのアプリか気になるかたは、こちらの動画をご覧ください。

こちらがApple TV版。

こちらがiOS版です。

開発者のかたへ

浮世絵時計アプリの開発中に、メモリ使用量がどんどん増えるという現象に困っていました。

いろいろ調べた結果、原因は、UIImageが自動的に画像データをキャッシュするためでした。その内容をQiitaに投稿しましたので、同じような現象でお悩みの際は、こちらの記事をご覧ください。

[Swift3.0]iOS・tvOSアプリで画像を扱うときは、UIImageのキャッシュに要注意

おわりに

今回の『浮世絵時計』アプリもStudio Rainbow一家総出で開発しました。

『企画・デザイン・イラスト・プログラム』わたし
『デザインアドバイザー・翻訳校正』妻
『テスト(うわー、きれいだねー)』六歳児
『テストサポート(きえいだねー)』三歳児
『ハイハイ(できるようになった)』ゼロ歳児

浮世絵時計で豊かな時間を過ごすことができて、あなたの人生に彩りがうまれれば、これにまさる喜びはありません。

それでは、これからも虹色工房(Studio Rainbow)をよろしくお願いします。

浮世絵時計 あなただけの美術館
カテゴリ: ユーティリティ, ライフスタイル
価格: ¥240(記事掲載時)

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【関連する記事】

 

iPhoneアプリ開発オンラインサポート『アプリクエスト 光の玉』はじめます | はれときどきくもりZ

 

ARで簡単・楽しくお片づけできるアプリ『パンダクリンAR』ついにリリース! | はれときどきくもりZ

 

子どもの寝かしつけに使えるApple TV用のアプリをリリースしました | はれときどきくもりZ

 

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

浮世絵時計アプリをアップデートして、画面ロック(スリープ)しないようにしました。

浮世絵アプリをアップデートしました

先日アップデートしたApple TVとiPhone・iPad対応アプリ『浮世絵時計 あなただけの美術館』をまたまたアップデートしました。

浮世絵時計 あなただけの美術館
カテゴリ: ユーティリティ, ライフスタイル
価格: ¥240(記事掲載時)

今回のリニューアルポイントは、ズバリ『画面ロック(スリープ)対応』です。

Apple TVやiPhone・iPadは、しばらくなにも操作をしなければ、自動的に画面ロック(スリープ)します。それでは、ゆったりと浮世絵を楽しむことができません。

設定アプリで、自動的に画面ロックしないようにもできますが、浮世絵時計アプリを実行するときに変更して、終わったらまたもどして、というのは面倒です。

というわけで、今回は、自動的に画面ロックしないようにしました(自動ロックしないのは、浮世絵時計アプリを実行しているときだけで、アプリを終了すれば元どおり自動的に画面ロックするようになるので、ご安心ください)。

浮世絵時計アプリをお楽しみください

浮世絵時計アプリは、クラシック音楽とともに美しい浮世絵を楽しめるだけでなく、アップル標準の時計アプリのようにシンプルでエレガントな時計としてもつかうことができます。

お店やオフィスのApple TVで実行すれば、テレビがオシャレな時計になります。

また、コーヒーブレイクのおともにすれば、豊かな時間を過ごすことができます。

動いている様子は、こちらの動画でご覧いただけます。

こちらがApple TV版。

こちらがiOS版です。

近々、さらにアップデートする予定なので、お楽しみに!

開発者のかたへ

アプリを自動ロック(スリープ)しないようにする方法は、Qiitaで公開しています。

興味があるかたは、こちらの記事『[Swift3.0]iOS・tvOSアプリを実行中に画面ロック(スリープ)しないようにする方法』をご覧ください。

おわりに

今回の『浮世絵時計』アプリもStudio Rainbow一家総出で開発しました。

『企画・デザイン・イラスト・プログラム』わたし
『デザインアドバイザー・翻訳校正』妻
『テスト(たくさんめくってるねー)』六歳児
『テストサポート(めくってゆねー)』三歳児
『癒し(あーうー)・寝返り』ゼロ歳児

浮世絵時計で豊かな時間を過ごすことができて、あなたの人生に彩りがうまれれば、これにまさる喜びはありません。

それでは、これからも虹色工房(Studio Rainbow)をよろしくお願いします。

浮世絵時計 あなただけの美術館
カテゴリ: ユーティリティ, ライフスタイル
価格: ¥240(記事掲載時)

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【関連する記事】

 

iPhoneアプリ開発オンラインサポート『アプリクエスト 光の玉』はじめます | はれときどきくもりZ

 

iPhoneアプリのぱぱんだっこと #ひよこボタン がコラボレーションしました | はれときどきくもりZ

 

子どもの寝かしつけに使えるApple TV用のアプリをリリースしました | はれときどきくもりZ

 

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px