EvernoteのWebクリップが大活躍!GoogleとEvernoteを一括検索する方法

Evernote大好き、小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

あなたはEvernoteのWebクリップを使っていますか?

わたしがEvernoteを始めたきっかけはWebクリップでした。MacやiPhoneの活用法、タスク管理やライフハック、そして面白いお話やぐっとくる言葉。そういったものを残しておく場所として、Evernoteを活用していました。

もちろん、インターネット上の情報なので、(消されない限りは)検索すればもう一度見ることはできます。しかし、二度手間ですし、検索しても同じ情報が出てくる保証はありません。

そんなWebクリップ大好きなあなたに朗報です。MacのSafariでGoogle検索と同時に、Evernoteも検索できるようになりました。

それでは、紹介します。

 

設定

 

まず、設定をします。

↑Safariを起動して、メニューバーにあるぞうさんマークをクリックします。

↑次に、オプションをクリックします。

↑同時検索機能を利用するをチェックします。

これで、設定は完了です。ほっほいさまです。

 

使ってみよう!

 

では、実際に使ってみましょう。Safariでいつものように検索します。それでは、『タスククエスト』で検索します。

↑すると、Google検索結果の上にぞうさんマークが表示されます。ここをクリックすると…

どーん!とEvernoteの画面が開き、タスククエストの検索結果が表示されました。

なんと簡単な!今までコツコツと貯めたWebクリップが大活躍すること間違いなしです。

 

最後に

 

いかがでしょうか?目立たない場所にある設定なので、あまり活用されていないのかもしれませんが、実はすごい発明なのでは?と感じています。

なぜなら、自分が残した情報というのは、一度自分というフィルターがかかっているので、もう一度自分の琴線に触れる可能性が高いからです。

さらに、わたしはこの新機能をしばらく試して、以前参加したEvernoteイベントで感じた、未来へのわくわく感を思い出しました。Evernoteイベントの詳細は、こちら↓をご覧ください。

 

記憶と記録の未来ゾウ。Evernoteイベントに行って感じたこと。 | はれときどきくもりZ

 

今回の新機能は、インターネットという膨大な情報群と、Evernoteという言わば自分の記憶が融合する、そんな未来像の一端を垣間見ることができます。

攻殻機動隊が、そしてGene Mapperが実現するのは、それほど遠くない未来なのかもしれません。

これからも、Evernoteの進化が楽しみです。

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

こんな本はいかがですか?

Gene Mapper | ハイスピード・ノベル「Gene Mapper」Webサイト

 

【関連する記事】

 

iPhoneアプリViewEverがアップデートした。夢の振り返りに最適になった! | はれときどきくもりZ

わたしのブログの書き方を晒します。便利なiPhoneアプリ編。 | はれときどきくもりZ

iPhoneアプリSylfeedに購読管理機能が来た!RSSフィードの登録が簡単に | はれときどきくもりZ

 

【タスククエスト連載してます】

タスククエストとは?

このブログで連載中のタスク管理を題材にした小説です。ストーリーを楽しみながらタスク管理を身につけられるおもため話し(おもしろくてためになる話し)を目指します。興味をお持ちのあなた、ぜひこちら↓のタスククエストまとめをご覧ください。
また、書籍、記事の執筆等のご依頼があれば、積極的に受けさせていただきます。ぜひお声かけください。

メールアドレス→toshi586014あっとme.com(あっとを@に変換してください)
Twitter→@toshi586014

タスククエストまとめ | はれときどきくもりZ

Posted from するぷろ for iPhone.

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

タスククエスト ー特別編ー『第1回 誠 ビジネスショートショート大賞』応募作

今回はタスククエスト特別編として、『第1回 誠 ビジネスショートショート大賞』応募作を掲載します。タスククエストの序章を改訂した、もう一つのタスククエストをお楽しみください。

タスク管理初心者よ。いざ、わたしと共に冒険の旅へ。その名もタスククエスト!

 

目を開けるとわたしは火口に立っていた。

熱風と硫黄のにおいで息をするのも苦しい中、絶え間なく吹き上げている黒煙を縫って、わたしは人を捜していた。

「父さん、父さん…。」

口を開けると、熱気で口の中があっという間に乾燥してひび割れるのが分かる。しかし、それでも声を出さずにはおれなかった。やっと父さんに会える、ただそれだけの想いで…。

右手の煙がかすかに揺れ、人の姿を形作る。わたしはとっさに駆け寄り、肩に手をかけた。しかし、手はむなしく空を切り、煙がわたしをからかうように手の周りで踊った。

その時、かすかに声が聞こえた。「コービー…、コービー。」わたしの名前を呼んでいる。きっと父さんに違いない!しかし、煙で視界が遮られているせいか、どこから聞こえるのか見当もつかない。「コービー、こちらに来てはダメだ。わたしは…、お前は母さんを…。」やはり父さんだ。「父さん!どこにいるんだよ!?」わたしは当てずっぽうに走り出した。
その瞬間、足元が急斜面になり、火口に向かって転がり落ちていった。固まった溶岩石が体を切り裂き、飛び散った溶岩が肌を焼く。わたしは絶望的な気持ちで父に救いを求め、叫んだ。「父さーーーん!」

「コービー…、コービー…。」

誰かが呼んでいる。あの声は…母さんだ。わたしは目を閉じたまま、ぼんやり考えた。

ああ、あれは夢だったのか。伝説のタスク管理ツールを見つけ、父さんに会いに行くところだったんだ。もう少しだったのに、火口で見失ってしまった。

しかし、夢なら仕方ない。

さらに母の声は続く。「コービー…。早く起きなさい。今日は王様に会いに行く日よ。」

わたしはガバと布団をはねのけて起き上がった。

そうだ!

今日はわたしの二十歳の誕生日だ。成人を迎えたこの日に、王様に会いに行って冒険に出る許可をもらうんだった。

急いで用意を済ませたわたしは、王様の元へ_すなわち遠く離れたわたしの家からも見える、大地にしっかりとそびえ立つあの『アーレン城』へ_向かった。

城門をくぐると、兵士がわたしの帽子を見て王様の元へ案内してくれた。

わたしの国では、成人の儀式の日にエボという名の帽子をかぶる習慣がある。わたしは、少し誇らし気な気持ちで胸をそらしながら兵士のあとを歩いた。

玉座の向かいに案内されたわたしは、左膝と右拳を床につけて跪いた。隣には、先に到着していたわたしの幼なじみが跪いている。彼女は、チラとこちらを向き、軽くウィンクした。わたしは彼女に向かって微笑んだ。

その時、王様_アーレン国を支配する君主であるデービッド王_の声が王の間に朗々と響きわたった。

「二人ともよく来てくれた。まずは二人の成人に祝福の意を表す。」

わたしたちは畏まって答えた。「ははっ。ありがとうございます!」

少し間が空いて、王様は静かに語り始めた。その声は力強く、ゆったりと流れる大河を彷彿とさせた。

「そなたたちも既に聞き及んでいると思うが、この国は大変な危機にさらされている。
伝説の魔王が復活し、魔物どもが徘徊するようになったため、人々は苦しめられているのだ。特に夜になると魔物どもは力を増し凶暴になる。そのため、人々の活動は日の出ている間だけになってしまい、皆仕事が終わらず困っておる。
そなたたちの使命は、伝説のタスク管理ツールを見つけ、人々の生活を改善することだ。そして、タスク管理ツールを使いこなし、力を蓄え、魔王を倒してくれ!」

「ははっ!」わたしたちは再び畏まって答えた。

王様は厳かに続けた。

「冒険の旅は過酷なものとなろう。そなたたちへのアドバイスだ。この世界の何処かにあるというタスクカフェを探すのだ。そこにはタスク管理マスターたちが集まるという。きっと有益な情報を得られるに違いない。」

ふと思いついて、わたしは王様に尋ねた。「それはつまりルイーダの酒場的な場所でしょうか?」

ばきっ!

イテテ。何するんだよ。わたしは幼なじみを睨みつけた。

「莫迦っ!舞台裏の話をするんじゃないよ!」彼女がさらにすごい形相で睨み返してくるので、わたしはひるんでしまい「あ、ああ…。」としか答えられなかった。

舞台裏って何のことだよ!とは言えない…。

「ごほん、二人とも王の御前ですぞ。」宰相のカイーゼがわたしたちをたしなめた。

「失礼いたしました。」わたしたちは再び跪いて非礼を詫びた。

王様はにこやかな顔になり、先ほどとは打って変わって優しい声で話を続けた。「よいよい。そなたたち若人が次の時代を担うのだから、元気でいてもらわねば、わたしも安心して引退できぬというものだ。」

「またそのようなお戯れを。」宰相のカイーゼが苦い顔で答えた。

王様は瞬間憂いを込めた顔で、「カイーゼには苦労をかける。」と呟いたあと、再び厳かな声でわたしたちに呼びかけた。

「さあ、二人の若人よ。勇者候補たちよ。いざ、冒険の旅に出るのだ!
行く手には多くの困難があろう。しかし、お互いに力を合わせ、先人たちより知恵と力を借り、乗り越えて行くのだ。
また、この世界には、失われしタスク管理の技を記した書物があるそうだ。それを見つけ出せば、大いなる力となり、そなた達を助けてくれるだろう。旅の無事を祈る。」

わたしたちは王様の言葉を胸に刻み、万感の想いを込めて応えた。「ありがたきお言葉!われら二名、本日より冒険の旅にまいります。」

王様の元を辞したわたしたちは、冒険の旅に出る準備をするため、町に向かって行った。

そのころ、王の間で、宰相のカイーゼは難しい顔をして王様に尋ねた。「あのものたちは、無事に旅を終えられるでしょうか?特に、コービーと申すものは、『あの父親』の息子と聞いております。」

王様は希望と絶望が混ざったような複雑な顔をしながら、静かに答えた。

「わからぬ。しかし、何故かあのものたちを見ていると、希望を抱きたくなる。しかし、結果はあのものたち次第なのだ。われらにできることは、信じることだけだ。あのものたちを信じようではないか。」

「御意。」

王様は、深く礼をするカイーゼを暖かい目で見ると、その後ろの窓に視線を移し、厳しい顔で窓の外を眺めた。

外には二人が向かった大きな町が広がっている。さらにその外には広大な世界が広がっている。

いまや、魔物たちの蠢く世界が…。

 

解説

 

特別編を読んでくださって、ありがとうございます。

さて、今回はこちら↓の記事でお知らせした、『第1回 誠 ビジネスショートショート大賞』応募作を掲載しました。

『第1回誠 ビジネスショートショート大賞』の結果が発表されました | はれときどきくもりZ

序章を公開したのが6月18日なので、約4か月が経過しました。読み返してみると、懐かしいやら恥ずかしいやらですが、すべてはここから始まったと思うと感慨深いものがあります。残念ながら一次選考で落選しましたが、わたしの愛すべき作品をお楽しみいただければ幸いです。

 

読者コーナー

 

今回も読者コーナーのお時間がやってきました。
今回は、第十九話へのコメントを掲載します。

今回コメントをくださった方々はこちらです!
(掲載は、時間が早い順番です。)

 

じーにーさん、ありがとうございます!今回もタスククエストがやってきました。

 

マロさん、ありがとうございます!GTDをタスク管理に取り入れている方は多いですね。しっかりと押さえていきたいと思います。

 

かおりさん、ありがとうございます!頭の中の考えを書き出すとスッキリしますよね。物語も楽しんでいただけて、嬉しいです。

 

おがわさん、ありがとうございます!おがわさんもGTDに興味がおありなんですね。期待を裏切らない内容に仕上げるべく、精進します。

 

ひろきさん、ありがとうございます!あまり気負わず、まずは紙とペンで気軽に試してみてください。仗助もびっくりなくらいスッキリですよ。

 

ひろきさん、ありがとうございます!GTD本はオススメですので、ぜひご覧ください。

 

マーさん、ありがとうございます!まずはわかりやすい導入から入って、自分なりに解釈したGTDに踏み込んで行くつもりです。これがGTDに触れるきっかけとなれば幸いです。

 

みなさん、今回も素敵なコメントをありがとうございました。

というわけで、今回の読者コーナーは、これにて終了します。

 

ご挨拶

 

いつも応援してくださるあなたに、心より感謝します。

また、こんないい方法もあるよ、というご意見がありましたら、わたし(@toshi586014)宛にお知らせください。
もちろん、ストーリーに関するご感想も大歓迎です。

それでは、次回またお会いできることを、楽しみにしています。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【前回のお話】

 

タスククエスト ーGTD物語ー | はれときどきくもりZ

 

【タスククエストまとめはこちらです】

 

タスククエストとは?

このブログで連載中のタスク管理を題材にした小説です。ストーリーを楽しみながらタスク管理を身につけられるおもため話し(おもしろくてためになる話し)を目指します。興味をお持ちのあなた、ぜひこちら↓のタスククエストまとめをご覧ください。
また、書籍、記事の執筆等のご依頼があれば、積極的に受けさせていただきます。ぜひお声かけください。

メールアドレス→toshi586014あっとme.com(あっとを@に変換してください)
Twitter→@toshi586014

タスククエストまとめ | はれときどきくもりZ

 

【関連する記事】

 

タスク管理初心者よ。いざ、わたしと共に冒険の旅へ。その名もタスククエスト! | はれときどきくもり

タスククエスト ーレビューを制するものはタスク管理を制するー | はれときどきくもり

タスククエスト ー記録は記憶よりも強しー | はれときどきくもり

Posted from するぷろ for iPhone.

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

『第1回誠 ビジネスショートショート大賞』の結果が発表されました

小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

先日、わたしが応募した『第1回誠 ビジネスショートショート大賞』の結果が発表されました。

応募に至るまでの成り行きはこちら↓をご覧ください。

『第1回 誠 ビジネスショートショート大賞』に応募します!小説家を目指してまた一歩進むぞ! | はれときどきくもりZ

『第1回 誠 ビジネスショートショート大賞』に応募しました! | はれときどきくもりZ

第1回誠 ビジネスショートショート大賞の一次選考通過しました | はれときどきくもりZ

 

10月17日の21時15分頃に、ビジネステレビ誠にて発表されるということで、正座して待ち構えていました。

結果は…

残念ながら入賞できませんでした。

 

今回入賞した作品は、次の四作品です。

加藤貞顕賞:『ターゲット』(川乃もりやさん)

山田真哉賞:『悲しい地歴』(不動岳さん)

清田いちる&渡辺聡賞:『不完全エスパー -積極的傾聴と文化祭-』(鈴木ユキトさん)

吉岡編集長賞:『なんて素敵にフェイスブック』(修治さん)

 

そして、見事大賞を受賞したのは、こちらの作品です。

『営業刑事(デカ)は眠らない』(吉家孝太郎さん)

 

どの作品もさすがという内容で、入賞するのも納得です。特に、大賞作品は面白いだけでなく、リアリティがあり、読後感も良いですね。

わたしの応募作はこちらです。個人的には好きですが、力及ばずでした。

『望み』

 

今回入賞できなかったのは、もちろん残念です。魂を込めて書いた作品は、かわいい子ですから。しかし、以前このブログで書いたように、「結果が良くても悪くても受け入れる」のみです。

今回の作品を見直して、どこがいけなかったのか?もっと良くできる点はなかったか?アイデアは?文章は?と考えます。

そして、新たに作品を書き続け、公開し、応募します。

わたしの小説家を目指す道のりは、始まったばかりです。これからどんどん前に進んで行きます。

最後になりましたが、応援してくださったあなたに感謝します。今回は、ご期待に応えることはできませんでしたが、創作のエネルギーとして大事に胸にしまっておきます。

次回は、もう一つの応募作_タスククエストの序章を改訂したものです_を掲載します。残念ながら、一次選考を通過できませんでしたが、よろしければご覧ください。

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【関連する記事】

 

Twitterとブログでのつながり。SNS時代の素敵な連鎖に感激する朝。 | はれときどきくもりZ

iPhoneアプリViewEverがアップデートした。夢の振り返りに最適になった! | はれときどきくもりZ

ブログを移転しました!新生ブログをよろしくお願いします。 | はれときどきくもりZ

 

【タスククエスト連載してます】

タスククエストとは?

このブログで連載中のタスク管理を題材にした小説です。ストーリーを楽しみながらタスク管理を身につけられるおもため話し(おもしろくてためになる話し)を目指します。興味をお持ちのあなた、ぜひこちら↓のタスククエストまとめをご覧ください。
また、書籍、記事の執筆等のご依頼があれば、積極的に受けさせていただきます。ぜひお声かけください。

メールアドレス→toshi586014あっとme.com(あっとを@に変換してください)
Twitter→@toshi586014

タスククエストまとめ | はれときどきくもりZ

Posted from するぷろ for iPhone.

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

セミナーに行ってみよう講座に参加した。セミナーへの第一歩にオススメ。

小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

先日、やまもとさをんさん(@sawonya)の『セミナーに行ってみよう講座』が大阪で初開催されたので、参加しました。

とても充実した時間を過ごすことができました。そこで、参加を検討されている方の参考になればと、わたしが感じたことを紹介します。

 

『セミナーに行ってみよう講座』とは?

 

セミナーに行ってみたいけど、何となく不安だ、行ってもどうすればいいか分からない、というセミナー初心者向けのセミナーです。

ドラクエ1で言えば『最初の王様の間』、ファイナルファンタジーで言えば『初心者の館』といったところです。冒険者(セミナー初心者)は、そこで丁寧に教えてもらいつつ、たまに自分で行動しつつ、冒険(セミナー)について学びます。そして、終わる頃には冒険(セミナー)に行くための心構えがばっちりできています。

 

初心者向けって?

 

初心者向けというけど、どういうところが初心者向けなの?という疑問があると思います。

そこで、わたしが実際に参加して、初心者でも安心だな、と感じた点を紹介します。

まず、申し込み確認メールに、「開催日が近づいたら詳細を案内するのでご安心ください。」ということが書かれています。どうですか?この安心感。この時点で安心しすぎて、セミナーの日程をメモするのを忘れるほどです。

そして、セミナーの一週間前には、当日の時間や場所、そして持ち物や服装をメールで案内してくれます。申し込んだときのメールが行方不明で時間や場所が分からない、ということは(わたしには)ままあることです。しかし、一週間前に案内してもらえれば安心です。また、持ち物や服装も意外と悩んだり忘れたりしますが、その心配もありません。

いざ当日。会場に着いて悩むのが、座席です。どこに座ろうかなと、ついウロウロしてしまいます。しかし、このセミナーでは座席が決まっているので、悩む必要はありません。また、男性チームと女性チームに分かれているので、初対面の異性と話すのが苦手な方も安心です。

このように、セミナーの内容だけでなく、運営に至るまでさをんさんの心配りが行き届いています。この点も、わたしが初心者に安心なセミナーと断言できるゆえんです。

 

セミナーの内容は?

 

セミナーとなると、やっぱり内容も気になりますよね。というわけで、次は、セミナーの内容を紹介します。

セミナーに行ってみよう講座というだけあって、セミナーとはどのようなものか、という基本的なところから始まります。

そして、セミナーに参加するときの注意点やポイントを、参加前、参加中、参加後と分けて説明されます。また、当日配布された資料に、それぞれの時点で活用できるチェックリストがあります。これがとても詳細に作り込まれているので、次に参加するセミナーでは、チェックリストを活用するとばっちりです。

また、ただ聞いているだけでなく、ワークが要所要所で挟まれています。ワークは、参加者同士が自然に交流できるような内容_自己紹介など_になっています。また、それまでに聞いた内容を簡単にまとめグループ内で発表するワークもあるので、お互いに気づきを得られます。

このように、セミナーについて学びながら、セミナーに参加する練習をできる、という構成になっています。セミナー参加の練習にもってこいですね。

 

良かったところ

 

最後に、わたしが参加して良かったと思うところを紹介します。

交流に重点をおいている。

ワークの中に、参加者同士が自然に交流できる仕掛けが用意されています。また、セミナー後もTwitterやFacebookで交流できるように、TwitterのリストやFacebookグループを案内してもらえます。

便利な小物が用意されている。

↑席に着くと、机の上にこのような小物たちが置かれていました。

↑こちらは、名札代わりのシールです。名前を書いて胸に貼ります。わたしは名前の下に『小説家志望』と書いてみました。ひとこと書くと、そこから話題が広まっていいですね。

↑今回一番気に入ったのが、ふにふにボール(正式名称不明)です。
話をするときに、緊張したり手持ちぶさたになり、やたらと手を動かすという経験がありませんか?そんな時にこのボールをふにふにすると、驚くほど落ち着きます。仕事中も使いたいくらいです。

2012年10月20日追記

ふにふにボールの正式名称をさをんさんが教えてくださいました。『クッシュボール』です。さをんさん、ありがとうございます!

マインドマップを経験できる。

さをんさんと言えば、マインドマップの達人という一面もあります。その達人から、短い時間ですが分かりやすく説明をしてもらい、マインドマップを書くことができます。

↑こちらが、ワークでわたしが書いた自己紹介のマインドマップです。発想が広がっていく感覚が、とても気持ちよかったです。

↑ハマったので、こんなのも書いてみました。このセミナーについて復習したマインドマップです。

資料が充実している。

先ほども少し触れましたが、チェックリストや挨拶カードなどの実践的な資料が配付されるのも嬉しいです。

↑こちらが、チェックリストの一部です。A4にびっしり項目が並んだチェックリストが5枚あります。中身は参加してのお楽しみです。

 

まとめ

 

さをんさんの心配りと笑いを交えたトークのおかげで、始まるときはしゃちほこばっていたわたしも、途中からはすっかりリラックスできました。

また、要所要所に挟まれたワークによって、考えを整理しつつ他の参加者と交流できました。

↑こちらは、セミナー終了後のアンケート用紙です。時間内に書ききれないくらいたくさん書きました。いかに充実したセミナーであったかを物語っています。

そして、セミナーに行ったあとに一番重要なことである『学びを活かすために行動する』というところまで、しっかりとフォローされています。この記事も、セミナーで教わったことを活かして書いています。

セミナーに行ってみたい。
今とは違う新しい交流を求めている。
行動して人生を変えたい。

これらのことが少しでも頭に浮かんでいるあなた。ぜひ、このセミナーに参加してみてください。きっと、一歩前に進むことができます。

この記事をご覧になったあなたと、いつかセミナーでお会いできることを楽しみにしています。

 

おまけ

↑こんなかわいいシールももらえます。

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

 

【関連する記事】

 

ブログを移転しました!新生ブログをよろしくお願いします。 | はれときどきくもりZ

iPhoneアプリするぷろで簡単ブログ更新。わたしのブログの書き方を晒します。 | はれときどきくもりZ

わたしのブログの書き方を晒します。便利なiPhoneアプリ編。 | はれときどきくもりZ

 

【タスククエスト連載してます】

タスククエストとは?

このブログで連載中のタスク管理を題材にした小説です。ストーリーを楽しみながらタスク管理を身につけられるおもため話し(おもしろくてためになる話し)を目指します。興味をお持ちのあなた、ぜひこちら↓のタスククエストまとめをご覧ください。
また、書籍、記事の執筆等のご依頼があれば、積極的に受けさせていただきます。ぜひお声かけください。

メールアドレス→toshi586014あっとme.com(あっとを@に変換してください)
Twitter→@toshi586014

タスククエストまとめ | はれときどきくもりZ

Posted from するぷろ for iPhone.

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

iPhoneのホームボタンが弱ったら。Assistive Touchでマルチタスクしよう。

小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

iPhone 4を使ってはや二年、だんだんホームボタンが弱ってきています。

あなたもこんな経験がありませんか?

マルチタスクを開こうとして、ホームボタンをとんとんと押したらSpotlightの画面が開いた。

そんなあなたに朗報です!マルチタスク画面を開くときに、失敗知らずの方法があります。それは、Assistive Touchです。

それでは、紹介します。

 

設定しよう!

 

Assistive Touchの設定方法は、こちら↓の記事をご覧ください。

iPhoneでスクリーンショットを撮るならAssistive Touchで失敗知らず! | はれときどきくもりZ

 

使ってみよう!

 

それでは、マルチタスク画面を開いてみましょう。

↑マルチタスクを開きたい時に、もやっとボタンをタップします。

↑すると、このような画面になるので、デバイスをタップします。

↑次に、その他をタップします。

↑そして、マルチタスクをタップすると、見事マルチタスク画面が開きました!

 

おまけ

 

簡単ですね。これで、わたしのiPhone 4もまだまだ現役で活躍できます。

最後に、ちょっとしたおまけを。

ホームボタンが弱っていないあなたにも、Assistive Touchでマルチタスクを使用することをオススメする場面があります。それは、子どもの寝かしつけをするときや図書館などの静かにしたい場面です。ホームボタンを押すと、カチッと音がします。普段は気になりませんが、静かな環境では意外に大きい音です。子どもが寝そうだったのに、ホームボタンの音で起きたー、というあなたは、ぜひお試しください。

 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【関連する記事】

 

iPhoneでスクリーンショットを撮るならAssistive Touchで失敗知らず! | はれときどきくもりZ

iPhoneアプリするぷろで簡単ブログ更新。わたしのブログの書き方を晒します。 | はれときどきくもりZ

わたしのブログの書き方を晒します。AppHtmlWeb登録編。 | はれときどきくもりZ

 

【タスククエスト連載してます】

タスククエストとは?

このブログで連載中のタスク管理を題材にした小説です。ストーリーを楽しみながらタスク管理を身につけられるおもため話し(おもしろくてためになる話し)を目指します。興味をお持ちのあなた、ぜひこちら↓のタスククエストまとめをご覧ください。
また、書籍、記事の執筆等のご依頼があれば、積極的に受けさせていただきます。ぜひお声かけください。

メールアドレス→toshi586014あっとme.com(あっとを@に変換してください)
Twitter→@toshi586014

タスククエストまとめ | はれときどきくもりZ

Posted from するぷろ for iPhone.

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px