『やがて君になる』が最高なのでぜひ読んで(見て)ほしい

仲谷鳰(なかたににお)さんの『やがて君になる』がとにかく最高なので、ぜひ読んで(見て)ほしくて、この記事を書いています。

ぜひネタバレなしで読んで(見て)いただきたいので、詳しい内容についての言及は避けますが、『やがて君になる』の素晴らしさが伝わればすごく嬉しいです。

やがて君になるとの出会い

忘れもしない2020年8月某日。

たまたま電子書籍ストアのhontoで見かけた『やがて君になる』がなんとなくおもしろそうだったので、全8巻をまとめ買いしました。

1巻を読みはじめたら、1話目の出だしにして「えっ!? なにこれすごそう」、1話目の終わりで「なにこれすごい」、2話目を読んだら「なにこれおもしろい!」、1巻を読み終わるときには「はわわわ〜(最高すぎて思わず漏れるため息)」となっていました。

その勢いは2巻・3巻と読むごとに右肩上がりで、最終巻を読み終わったときには、あまりの素晴らしさに魂が完全に抜けだしてしまいました。

抜けだした魂はどこへ行ったのかというと、『やがて君になる』界に引き寄せられました。そして、それからというもの、わたしの魂は『やがて君になる』界から抜け出せなくなってしまったのです。

その証拠に、最終巻を読み終えたあと『やがて君になる』のアニメを全話見て「アニメ最高!」となり、舞台を見て「『やが君』が人間界に降臨した!」と興奮し、公式コミックアンソロジーを2冊購入して読んで「本編では見られない『やが君』の世界最高!」と盛り上がり、スピンオフ小説『やがて君になる 佐伯沙弥香について』3冊を購入して一気読みして「沙弥香最高!」と胸がいっぱいになり、『やがて君になる画集 アストロラーベ』を購入して「イラスト素晴らしすぎてちょーいやされる!」となっているくらいです。

さらに、紙版単行本の帯が素晴らしいとの噂を聞きつけて、電子版を持っているのに紙版の全巻をまとめ買いしました。

ネタバレ防止のため一部を除いて隠していますが、どの帯にもそれぞれの巻にぴったりの言葉が書かれています。ぜひご自分の目で確かめてください。

電子版の漫画も、紙版の漫画も、アニメも、舞台も、公式コミックアンソロジーも、スピンオフ小説も、画集も、どれも最高で、すでに何周したかわからないほどです。

『やがて君になる』のなにがこんなにわたしを惹きつけてやまないのか、自分でも不思議なほどです。

まだうまく言語化できませんが、幾重にも積み重ねられた見事な構成、ときに胸を抉り・ときに胸に染み込む言葉と絵の表現、作品内だけに収まらない執念ともいえるくらいの細部までの作り込みと作品への愛、そういったものが溢れてきて、わたしを捕らえて離さないのだと思います。

『やがて君になる』に触れていると、こよみのように「ありがたいけど悔しいんだよ! わたしもこんなお話を書いてやる!(バシバシ)」という気持ちになり、わたしの小説家としての創作意欲が激しくかきたてられます。

ふう。

少し気持ちを落ち着けて、ここからは、それぞれのメディアについて簡単に紹介します。

単行本

全8巻で完結しています。

全巻セットで購入しても5千円ちょいというお買い得価格です。

たったの5千円でこれだけ素晴らしい物語を楽しめるなんて最高すぎます。

いつでもどこでも読める電子版も最高ですが、前述した帯も最高なので紙版も最高です(さっきから最高しかいってない気がする)。

とてもシンプルな言葉なのですが、読み終わったあとに帯を見ると、「ああ〜、そうだよね、ほんとそうだよね。うんうん」とその巻のお話がフラッシュバックしてグッときます。

というわけで、電子書籍を購入したかたも、観賞用に紙版も購入することをオススメします。

こちらの 電撃大王公式サイト で1話と2話の試し読みができるので、ぜひご覧ください。

アニメ

全13話です。

内容的には、原作の5巻くらいまでです。

アニメ化で原作の途中までというと、ストーリーが改変されてしまっているのでは? という心配があるかもしれません。

しかし、このアニメに限っては、そんな心配はまったく不要です。

アニメ化にあたっては、作者の仲谷鳰さんもガッツリ参加されています(第6巻あとがき漫画より)。

さらに、原作愛にあふれるスタッフによって、原作を見事に再構成して、アニメならではのストーリーを少し付け加えながらも、原作に忠実な終わりかたをしています。

このアニメのすごいところは、まったく無駄がなく美しい演出です。

アニメならではの動きや色彩や音などを効果的に活用しているだけでなく、漫画では見ることができないコマとコマの間を素晴らしい形で補完しています。

すべての演出に意味が込められているので、一秒たりとも目を離すことができません。

また、声優さんの演技もとても素晴らしいです。

侑も燈子も沙弥香も、もちろんほかの登場人物たちも、イメージにぴったりすぎて最高です。

その素晴らしさと言ったら、作者の仲谷鳰さんと担当編集のクスノキさんをして「これは完全版『やがて君になる』だなって言い合っています(引用元:【特別対談】『やがて君になる』仲谷鳰×担当編集・クスノキ「エゴがキャラクターを決める」)」と言わしめたほどです。

ぜひこのクオリティで続きの2期を制作してほしいです。

dアニメストア で全話見ることができます。

ブルーレイとDVDも販売されています。キャストオーディオコメンタリーや、スタッフオーディオコメンタリーも収録されているという贅沢な逸品です。

舞台

全6話です。

内容的には、原作の6巻+アルファという感じです。

こちらもアニメと同様に原作の途中までなので、ストーリーが改変されてしまっているのでは? という心配があるかもしれません。

しかし、アニメと同様にその心配はまったく不要です。

原作を見事に再構成して、舞台ならではのストーリーを少し付け加えながらも、原作に忠実な終わりかたをしています。

アニメよりも短い時間なので、かなりのストーリーがカットされていますが、まったく不自然さを感じさせません。

さらに、役者のみなさんがこれまたすごくて、『やがて君になる』界から降臨したと見間違うほどです。

侑が、燈子が、沙弥香がこの世界にいたら、まさにこういう感じになるだろうという素晴らしさ。

時間的空間的制約がある舞台だからか、やや早口で原作よりも元気に動き回る感じの侑がかわいらしくてよかったです(個人的には都さんが都さんすぎてすごくよかった)。

アニメとはまた違った、実際の人間が演技をするからこそうまれる存在感が伝わってきます。

また、舞台ならではの演出がとても素敵で、はじめて見たときには鳥肌が立ちました。

dアニメストア で全話見ることができます。

公式コミックアンソロジー

公式コミックアンソロジーは14人もの作家が集まって、『やがて君になる』の世界を描くという、超贅沢な本です。

しかも、第2巻では原作者の仲谷鳰さんによる『やがて君になる』新作短編も含まれています。

外伝的なお話や、後日談が大好きなわたしにとっては、なんともうれしい本です。

幕間のお話や、単行本のカバー裏の漫画が好きなら、きっと楽しむことができます。

本編を読み終わって、もっと『やがて君になる』の世界に浸りたい気持ちになったら、ぜひ公式コミックアンソロジーを読んでみてください。

スピンオフ小説 『やがて君になる 佐伯沙弥香について』

全3巻です。

『やがて君になる』の登場人物のひとり「佐伯沙弥香」が主人公のスピンオフ小説です。

電撃文庫で小説を書かれている入間人間さんが作者です。

入間人間さんは、最近だと、『安達としまむら』という作品がテレビアニメ化されたようです。

『やがて君になる 佐伯沙弥香について』は、1巻で沙弥香の小学生・中学生時代、2巻で高校生・大学生時代の導入、3巻で大学生時代を描いています。

スピンオフ小説だと、原作との矛盾があったり登場人物の雰囲気が違うでは? という心配があるかもしれません。

しかし、その心配はまったく不要です(同じようなことばかり書いてるけど、本当にそうなのです)。

原作の限られた設定や人物像をしっかりと拾い集めて、それをとてもうまく広げています。

原作を読んでから小説を読むと、「これはまさに佐伯沙弥香の小説だ!」と感嘆すること間違いなしです。

原作では表現されなかった沙弥香の気持ちや、原作のあとの沙弥香を見ることができて、すごくすごく最高です。

『やがて君になる画集 アストロラーベ』

『やがて君になる』の画集です。

単行本の表紙や連載当時のカラーページだけでなく、書店での販売特典イラストや書き下ろしイラストなど、アストロラーベでしか見られないイラストもたくさんあります。

アストロラーベの何がいいかというと、イラストをフルバージョンで見られることです。

たとえば、単行本の表紙は、背表紙やバーコードを表示する欄があるので、途切れていたり隠れてしまっている部分があります。しかし、アストロラーベでは、そういったものが全くない状態で、素敵なイラストを堪能できます。

さらに、作者の仲谷鳰さんのコメントつきです。

「このイラストはこういう意図で描いたのかー」とか、「うんうん、そうだよね」とか言いながらコメントを読むと最高に楽しいです。

アストロラーベとは天体観測用の機器のことらしいです。

それに合わせて、各章のタイトルが「シリウス」や「カノープス」というように星の名前がつけられているところがとても素敵です。

本編の各話のタイトルもとても素晴らしいですが、アストロラーベのタイトルも素晴らしいですね。

アストロラーベの世界を堪能すると、幸せな気持ちになれること間違いなしです。

まとめ

長々と書いてきましたが、言いたいことはひとつです。

「仲谷鳰さんの『やがて君になる』がとにかく最高なので、ぜひ読んで(見て)ほしい!」です。

原作の漫画はもちろんですが、それを取り巻くたくさんの作品群も最高なので、ぜひどっぷりと『やがて君になる』ワールドにハマってみてください。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

アプリエンジニアのScrapbox英語学習法

アプリエンジニアと英語の関係

わたしは、iOSアプリエンジニアとAndroidアプリエンジニア🐣(ひよっこ)をしてます。

アプリ開発には英語が切っても切り離せません。なぜかというと、アプリ開発の情報の多くが英語だからです。

最近は日本語の情報も増えましたが、英語のほうが圧倒的に情報量が多いですし、なによりAppleやGoogleが提供する一次情報はほとんど英語です。

いままでは、翻訳機能を利用してなんとなく英語の情報に接してきましたが、せっかくなのでもうすこし体系的に勉強しようかと思いたちました。

英語学習のメインの目的は単語学習

幸いなことに、技術情報は日常会話と違って、文章の形式や出てくる単語があるていど限られています。

そこで、まずは単語の学習をメインの目的に据えました。

Scrapboxを使うワケ

単語学習なら専用のアプリなどもありますし、日頃愛用しているEvernoteを使うという手もあります。

しかし、今回はScrapboxを使うことに決めました。

その理由としては、ブラウザで見られることや、動きが軽快なことや、自由なフォーマットで記入できることなどがあります。

しかし、今回の決め手となったのは、Scrapboxの便利なリンク機能です。

単語ノートの登録手順

リンク機能が決め手となった理由についてはのちほど説明するとして、まずは実際に登録する手順を紹介します。

わからない単語があったら、まずは単語を選択してから右クリック(ctrl+クリック)します。つぎに、「”単語(スクリーンショットではperspective)”を調べる」をクリックします。

すると、単語の内容が表示されるので、辞書で開くをクリックします。

辞書アプリで単語の内容が表示されました。今回調べた意味に該当しそうなところをコピーします。

Scrapboxにノートを追加して、ペタッとペーストします。
このとき、#1を書いておくのがポイントです。

リンクノートを作成

同じ手順でいくつか単語ノートを追加していくと、このように単語ノートの一覧が並びます。

ここで、新しいノートを追加して、タイトルを1にしてみましよう。

そうすると、あら不思議。下のLinks欄に、さきほどつくった単語ノートたちがずらっと並びます。

これだけでもなんだかすごいですが、Scrapboxのリンク機能が本領を発揮するのはつぎの工程からです。

前に調べた単語を調べたときはリンクの数字を増やす

英語の勉強をしていると、前に調べた単語の意味を忘れて、もう一度調べることがたびたびあります。

たとえば、appropriateという単語を2回目に調べたときは、Scrapboxにはすでにappropriateノートが存在します。

そのときは、#1の数字をひとつ増やして、#2とします。

同じ手順で#2のノートが増えたら、ノートを追加して、タイトルを2にしてみましよう。

そうすると、あら不思議。下のLinks欄に、さきほどつくった単語ノートたちがずらっと並びます(2回目)。

調べた回数が多い単語=覚えにくい単語

ここまできたらリンク機能の使い方にピンときたかもしれません。

リンク(#数字)の数を増やすことで、自動的に調べた回数ごとに単語を分類しようとしているのです。

なぜなら、調べた回数が多い単語は覚えにくい単語だからです。

というわけで、#2とか#3とかのノートが増えてきたら、2や3のノートを開いてLinksに表示される単語たちを見直します。そうすることで、覚えにくい単語を記憶に定着させていきます。

これを書いてて思いついたのですが、「#覚えた」とか「#苦手」みたいなリンクを作って単語を分類するのもよさそうですね。

Scrapboxについて詳しく知りたいというかたは、こちらの本がオススメです。

Scrapboxってなに? というかたは、こちらの本がオススメです。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

キュートでシュールな肉汁溢れるニクいあいつ「肉めないニク」がカレーに帰ってきた!

肉めないニクとは

「肉めないニク」 とは、LINEスタンプiMessageステッカーとして大活躍のキャラクターです。

App Storeの美味しそうなステッカー集に取り上げていただいたり、

アメリカやロシアのApp Storeでもフィーチャーしていただきました。

そんな肉めないニクが、「肉めないニク2」として、パワーアップして帰ってきました。

新しい仲間を引き連れて、帰ってきた

「肉めないニク2」では、新しい仲間が参戦してます。

「まっ、前が見えない」という感じで、ニクとキャッキャウフフするチキンや、

マイペースなポークもいます。

もちろん、ニクはさらにパワーアップしています!
カレーになったり、

ベーコンを巻いてみたり、

ギョギョッ!? 肉なのに魚になったり。

肉めないニク2をヨロニク

こんな肉めないニク2をヨロニクお願いします。

LINEスタンプのリンクはこちらです。
iMessageステッカーのリンクはこちらです。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

楽して稼ぐこと

楽して稼ぐこととは?

わたしは古い考え方なのか、稼ぐことに対して背徳感のようなものがあった。

ましてや、楽して稼ぐということは悪いこと(とまではいかなくても、よくないこと)のように感じていた。お金というものは、『苦労して人の嫌がることをしてようやくいただけるもの』という思い込みがあった(この価値観はどこから来たんだろう?)。

しかし、歳を重ねるうちに『楽して稼ぐ』というのはそういうことではないんだと気がついた。 

楽をするというのは、手を抜くことではないんだ、と。

人が嫌がる(面倒と感じる、楽しくない、興味がないなどなど)こと。でも、自分は夢中になることをする。 

人から見たら『そんな大変なことしてすごいよね』と思われるかもしれない。でも、自分にとってはなんてことない。だって楽しいんだから。 

それがつまり『楽して稼ぐ』ということなんだと思う。

まる

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

2018年のまとめ


2018年が終わろうとしているので、一年のまとめを書きます。

その前にお礼を。

2018年もたくさんの方々にお世話になりました。あんなことやこんなことまでしていただき、とても助かりました。本当にありがとうございます。

個人でのアプリ開発

今年は、浮世絵時計やパンダクリンARなどの既存アプリのアップデートに力を入れました。

そのため、新しいアプリのリリースはありませんでしたが、つくりたいアプリのアイデアはたくさんあるので、プロトタイプをすこしずつ開発しています。

来年にはリリースするぞ。おー!

会社でのアプリ開発

スノウロビンにジョインして一年とすこし経過しました。

会社では、受託のアプリ開発を担当しました。

iOSアプリ開発がメインですが、チャンスがあったので、watchOSアプリやmacOSアプリの開発にも挑戦しました。

どちらもとても大変でしたが、あたらしいことに挑戦して試行錯誤しながら学ぶのは楽しくもあります。また、自分のエンジニアとしての幅が広がるので、これからもあたらしいことに挑戦していきます。

また、会社には技術力の高いエンジニアがたくさんいるので、山盛り勉強になりました。

ながらく個人でアプリ開発をしてきたので、ほかの人が書いたコードを読んだり、技術談義をしたりできるのは、とても贅沢な環境です。

また、デザイナーさんがデザインするところを間近で見られるのもとてもよかったです。

アプリの設計とClean Architecture

会社でのアプリ開発では、おもにClean Architectureを採用しています。

いまでこそ、Clean Architectureに慣れてきましたが、最初は大変でした。ちょっとデータを取得するだけなのに何個もファイルをまたいで書かないといけなくて、なんでわざわざこんな面倒なことをことするんだ!? って感じでした。

しかし、ひとつのアプリをiOS用とmacOS用に開発するときに、Clean Architecture最高! となりました。

そのときは、iOS用のアプリを開発してからmacOS用のアプリを開発したのですが、移植がとてもやりやすかったからです。

ViewControllerは、UIKitとCocoaのちがいがあるので、いろいろと変更が必要です。しかし、Presentation層のPresenterやViewは、ほぼそのままコピペでいけました。

iOSのプロジェクトからmacOSのプロジェクトにコードをコピペしながら、「こいつ動くぞ!」と興奮していました。

Android版を開発するときでも(プログラミング言語がことなるのでコピペはできませんが)かなり簡単に移植できそうです。

設計の重要さを認識したので、PEAKSさんから届いた「iOSアプリ設計パターン入門」を読みながら、もっといい設計ができるようにします。

アプリ開発本の執筆

あいかわらず亀のような歩みではありますが、アプリ開発入門本をすこしずつ書いてます。

書いては消し、消しては書き、書いては書きなおし、頭を抱えながら書いてます。

本を書くのって、本当にむずかしいですね。ブログ記事ならパパッと書けるのに。

とはいえ、書くことはすごく楽しいので、なんとしても書き上げる所存であります。

はやくみんなに読んでもらいたい!

そして、iOSアプリ開発をはじめるひとたちの手助けをしたい!

心のなかでそう叫びながら、日々、執筆をしています。

アウトプット

最近のアウトプットはQiitaScrapboxがメインです。

あまり明確な書き分けはしていませんが、簡単な技術メモはScrapbox、ひとかたまりの内容を書きあげたときはQiitaという感じです。

ほかの人が書いているかもとか、こんな簡単なこと書いてもいいのかな?とか、そういうことはあまり考えずに、あたらしく学んだことや自分が忘れてしまいそうなことをどんどん書いてます。

QiitaとScrapboxにいろいろ書いているので、ぜひご覧ください。

あと、このブログのアップデートをしました。

まず、ブログで小説を公開しているので、文章を読みやすいテーマにしようと思って、Graphyにしました。

つぎに、今後のことを考えてhttps対応をしました(大変だった)。

新しくなった「はれときどきくもりZ」を、今後ともよろしくお願いします。

重大なできごと

2018年で一番重大なできごとは、会社のフレックス制度がなくなったことです。

ちいさい子どもがいるので、朝は幼稚園に送りに行きます。また、よく風邪を引いたりするので、朝から病院に連れて行くこともあります。フレックスは、そういうときにとても便利でした。

しかし、フレックス制度がなくなって勤務時間が8:45〜18:00になってしまったので、子どもの面倒をすべて妻にお願いしないといけなくなってしまいました。妻だけで無理なときは、会社を休むしかありません。

家のことも会社での仕事もおもいっきりやりたいわたしにとっては、フレックス廃止はいろいろな意味で大幅なパフォーマンスダウンを引き起こしました。

そしてなにより、会社で仕事をするということは、こういうことがいつでも起こりうるのだということを、あらためて実感しました。そういう意味で、これからの人生をどう生きて行くかを考え直すきっかけとなる重大なできごととなりました。

Nintendo Switch

クリスマスプレゼントに、素敵なサンタさんがNintendo Switchとマリオカートをプレゼントしてくれました。

据え置きゲーム機はWii以来なので、ワクワクしながら遊びました。

いやー、ゲーム最高ですね。

iPhoneでポチポチとゲームをして遊んでいますが、それとはちがう楽しさがあります。とくに、子どもたちが寝静まったあとに、妻とふたりで遊ぶマリオカートは最高です(子どもたちと遊ぶのも楽しいですが)。

(おもにわたしが)「うわー」とか「やっふー」と言いながら、ふたりでゲームを楽しんでいます。

またゲームアプリを開発したくなりました。

2019年の豊富

2019年も、アプリ開発にどっぷりとつかりたいですね。

まずは、プロトタイプでつくっているアプリを完成してリリースすること。そして、ゲームアプリ開発熱が高まっているので、ゲームアプリもつくりたいところです。

最近は個人で開発したゲームをNintendo Switchでリリースしているかたもいらっしゃいます。どうやらUnityで開発できるっぽいので、わたしもUnityに挑戦してみようかな。

また、ARが好きで「パンダクリンAR」や「こぱんたっぷAR」を開発してます。
しかし、ARKitをつかったりSceneKitをつかったアプリを開発しようとすると、どうしても3Dなどの数学的な知識が必要になります。というわけで、 数学の勉強をするために「数学大百科事典 仕事で使う公式・定理・ルール127」を買いました。

また、ARKitやSceneKitで使うキャラクターをMagicaVoxelでつくりたくて、「まるごとわかる3Dドットモデリング入門 ~MagicaVoxelでつくる! Unityで動かす!~」を買いました。本を読みながらVoxelキャラをつくって楽しんでいます。

アプリ開発入門本の執筆もバリバリやっていきます。2019年こそは出版するぞー!

アプリ開発講座も個人で細々とやっていますが、2019年はもっとドーンとやりたいところです。

あとは、iOSDCやtry! SwiftやWWDCなどのイベントや、勉強会にも参加したいところです(子どもの予定があるので、なかなかむずかしいですが)。

そんな感じでやりたいこといっぱいなので、2019年もあれこれやっていきます。

それでは、よいお年を。

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px