*

タスククエスト ースフィンクスの問いー

第二十三話

 

「収集は終わった?」

 

机に向かってひたすら資料を書いていたわたしは、声をかけられペンを置いた。顔をあげるとそこには、メガネをかけた係長の笑顔があった。キリッとした顔とピチッとしたパンツスーツによく似合うスマートなメガネだ。

「珍しいですね。係長がメガネをかけてるなんて。」わたしが指摘すると、係長が少し照れたように言った。「うん…ちょっとね。気分転換したくて。」「ふーん。そういえば、ちょっと目が赤いですね。もしかして…」「も、もしかして…な、なに?」「昨日は遅くまで呑んでて寝不足なんでしょ?それで、気分転換にメガネをかけてやる気をだしてるんですね!」

あれ、なぜか係長がずっこけている?わたしはおかしなことを言ったんだろうか?

「とし!莫迦なこと言ってないで、資料を見せなさい!本当に鈍感男なんだから。」

また怒られてしまった。おまけに鈍感男って。でも、心なしか係長が嬉しそうなのは気のせいだろうか…。

 

「ほら、さっさと資料を出して!」

おっと、いけない。わたしは、書きかけの資料を、係長に差し出した。そこには、打ち合わせの議事録から抜き出した『気になること』をまとめてある。それに加えて、配布資料を整理している時に思いついた『気になること』もすべて書き出している。思いつくままに書いているので、全く関連性がなくバラバラな項目が並んでいる。

「ふーん、なるほどね。なかなかいいじゃない。たくさん収集できてるわね。」係長が上機嫌な顔で資料をポンポンと叩く。良かった。あの様子だと、及第点のようだ。

 

「ところで」わたしは、ホッとして係長に尋ねた。「収集を終えたあとはどうするんですか?」こんなバラバラな思いつき_まるでリサイクルショップの品揃えのようだ_をどう役に立てるのか、全く想像もつかなかった。

「次はね、処理するのよ。」係長が言うと、「はあ、ショリですか?」わたしが間の抜けた声で答える。ショリというと、名犬か?いや、あれはラッシーだったかな?それともりんごを食べるのか?それは、ショリショリだな。

「とーしー。またくだらないこと考えているんでしょう?」係長から不穏な空気が漂ってくる。わたしは急いで頭を回転させ_もちろん、本当にぐるぐると回したわけではない_答えを考えた。「ええーと。ショリだから。ショリですよね。つまり、ああ!処理のことですね!」

「ええ、その処理よ。」係長がやれやれという顔でこちらを見ると、ふっと笑った。「ふふふ。としはいつもとしね。」わたしは意味がわからなかったが、係長が笑ったので安心した。

 

「さて、話を戻して、処理をするわよ。帰りの電車の中では、処理と整理をまとめて説明したけど、厳密には別々なの。そして、処理をする時に一番大切なことはこれよ!」と言うと、係長は立ち上がりホワイトボードにカッカッカッとペンを走らせた。

 

『行動する必要がある?』

 

ホワイトボードを力強く叩き、係長が話し始める。「としが収集した『気になること』の一つ一つを見ながら、これを問いかけていくの。例えば」と資料に目を走らせ「そうね。『問題点を整理する』これは、行動する必要があるか否か?はい、としくん。」

係長は、突然クイズ番組の司会のように、ペンをマイクに見たててわたしに差し出した。戸惑いながらもわたしは、「行動する必要があります。」と答える。

「大正解~。パーン。」今度はペンをクラッカーに見たてて鳴らす真似をする。今日はやけにノリがいいな。まだ酔っ払っているのか?

そんな思いはどこ吹く風に、係長の質問は続く。「それでは、第二問。『交通費を精算する』これは、行動する必要があるか否か?」

またもマイク_に見たてたペン_を差し出されたので、わたしは答えた。「行動する必要があります。」

「またまた大正解~。パーン。」

 

ここで、係長は真面目な顔になって言った。「さあ、いよいよ最後の問題です。この問題に正解すれば、ペア旅行が当たります!いきますよ~。『新工場を立ち上げる月乃精密の会社紹介の資料』これは、行動する必要があるか否か!?チクタクチクタクチクタクチクタク。」

時計の音真似までして、本当にノリノリだな…。ええーと、紹介資料だから「行動する必要はありません。」

 

一呼吸おいて、係長は満面の笑顔で言った。「おめでとうございます!優勝の栄冠を手にしたのはとしくんです!」そして、パチパチと拍手をする。わたしは、本当にクイズ番組で優勝したかのような気持ちになり、興奮で顔を赤らめガッツポーズをとった。

「はい、お遊びはここまで。」普段通りの声を出す係長に、つい気分が高揚していたわたしは、出鼻をくじかれた気がした。「今回の三つの例は、それぞれ性質が異なるの。だから、処理の仕方も変わってくるのよ。」

 

『問題点を整理する』
→プロジェクトへ。
『交通費を精算する』
→二分以内にできるのですぐにやる。
『新工場を立ち上げる月乃精密の会社紹介の資料』
→資料へ。

 

係長はホワイトボードに書き込むと、説明を始めた。「まず、『問題点を整理する』ね。これは、複数の行動を必要とするので、プロジェクトにするの。そして、あとでやることを一つ一つ洗い出して、具体的な行動にするの。これは、帰りの電車で説明したとおりよ。」

ふむふむ。確かにそんな話を聞いたな。わたしは、帰りの電車での出来事を思い出して頷いた。

次に、『交通費を精算する』ね。これはすでに具体的な行動になっているので、次に取るべき行動、つまり、ネクストアクションにするの。と言いたいところだけど、ネクストアクションに行く前に、スフィンクスがいて、なぞなぞをしかけてくるのよ。『その行動は、二分以内に終わるのか?』ってね。」

「そこで、『終わります』って答えたらどうなるんですか?」わたしが興味津津で尋ねると、係長が「食べられちゃうのよ~。」とみかんが丸ごと入りそうな大きな口を開ける。本当に今日の係長はおかしいな。何かいいことでもあったのかな?

「スフィンクスに食べられた行動は、すぐに実行しちゃうのよ。なぞなぞの二分というのはあくまで目安だけどね。ネクストアクションリストに書き写しているより、パッとやってしまった方が早いことは終わらせてしまう、ということよ。」

「最後は、『新工場を立ち上げる月乃精密の会社紹介の資料』ね。これは、具体的な行動を伴わないので、ゴミ箱にいれるか、あとで必要になるなら資料として保管しておくの。行動を伴うけど、今やらなくていいことは、『いつかやる』ものとして保管しておくのよ。」

 

「さて、これで処理はおしまいね。それでは、クイズの賞品、ペア旅行の授与を行います。としくん、前へ。」係長がわたしを手招きする。

もうその遊びは終わったのかと思っていたので、不意をつかれたわたしは、机に足をぶつけながらよろめき立ち上がった。

「としくん、おめでとう。」と、係長は両手を差し出すが、もちろんそこにはなにもない。わたしは、うやうやしく受け取るフリをした。

すると、係長がそっと囁く。「これは、わたしととしのペア旅行券よ。あの世界へ行くための、ね。」

 

解説

 

第二十三話を読んでくださって、ありがとうございます。

さて、今回は本編に戻り、GTDの処理のステップです。第二十二話で紹介したお話しと重複するところがありますが、もう少し踏み込んだ内容になっています。

今回のポイントの一つは、行動しないことの扱いです。特に、『いつかやること』が重要です。GTDでは、目の前のことだけに取り組むことでストレスフリーを実現するので、『いつかやること』は頭から追い出します。しかし、『いつかやること』を忘れてしまってはいけないので、とりあえず保管しておきます。

でも、保管しているだけでは、思い出す機会がないですよね。そこで大事なのが、レビューです。レビューが思い出す機会となるのです。これについては、またいずれ紹介します。

 

読者コーナー

 

今回も読者コーナーのお時間がやってきました。
今回は、第二十二.五話へのコメントを掲載します。

今回コメントをくださった方々はこちらです!
(掲載は、時間が早い順番です。)

 

 

ひろきさん、ありがとうございます!みなさんの係長像がわたしのイメージにぴったりだったので、嬉しくて盛り込んでみました。

 

 

おがわさん、ありがとうございます!会社ではちゃきちゃきの係長も、プライベートではかわいらしい女性なのです。そして、お父さんのことがあったので、係長はタスク管理にこだわっているのです。

 

 

マーさん、ありがとうございます!係長はドキドキでしたか?登場人物を気に入っていただけると、嬉しいです。

 

 

ひろきさん、ありがとうございます!係長人気を受けて、係長外伝書いちゃいました。いつもと違う雰囲気の内容ですが、気に入っていただけたでしょうか?

 

 

なぴゅあさん、ありがとうございます!なぴゅあさんの記事があまりにも印象的だったので、使わせていただきました。とても、いいことばですよね。

 

 

マロさん、ありがとうございます!わたし自身がタスク管理の目的を忘れてしまうので、その想いも込めて書きました。はまさんの『人に優しくできるように』というのが、今のところ一番しっくりきています。

 

そして、ここからおがわさんとneunzehnさんのお話が盛り上がり…

 

Amazon版が出たら購入していただけるとのありがたいお言葉!しかも、最初から読み直していただけるとは、作者冥利につきます。これを機会に、Amazon版など何らかの形でまとめて販売できるよう検討します。どうぞお楽しみに!

 

みなさん、今回も素敵なコメントをありがとうございました。

というわけで、今回の読者コーナーは、これにて終了します。

 

ご挨拶

 

いつも応援してくださるあなたに、心より感謝します。

また、こんないい方法もあるよ、というご意見がありましたら、わたし(@toshi586014)宛にお知らせください。
もちろん、ストーリーに関するご感想も大歓迎です。

それでは、次回またお会いできることを、楽しみにしています。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

 

【前回のお話】

 

タスククエスト外伝 ー係長の朝ー | はれときどきくもりZ

 

【タスククエストまとめはこちらです】

 

タスククエストとは?

このブログで連載中のタスク管理を題材にした小説です。ストーリーを楽しみながらタスク管理を身につけられるおもため話し(おもしろくてためになる話し)を目指します。興味をお持ちのあなた、ぜひこちら↓のタスククエストまとめをご覧ください。
また、書籍、記事の執筆等のご依頼があれば、積極的に受けさせていただきます。ぜひお声かけください。

メールアドレス→toshi586014あっとicloud.com(あっとを@に変換してください)
Twitter→@toshi586014

タスククエストまとめ | はれときどきくもりZ

 

Posted from するぷろ for iPhone.

本を出版しました!

あずきちゃんバナー728px

『いいね!』するとFacebookで更新をチェックできます

track feed
はれときどきくもりZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

タスククエスト外伝~Kをめぐる物語~【創作の本棚】

  タスククエスト外伝~Kをめぐる物語~  ...

記事を読む

no image

Lisgoを12倍楽しくする方法。わたしのオススメする使い方を紹介します。

小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。  ...

記事を読む

no image

2013年のクレドと目標とわたし #2013credo

アイコンがいつまでも新年気分の小説家志望ブロガーとし(@toshi58...

記事を読む

no image

わたしの2012年総合ランキング

小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。 ついに20...

記事を読む

no image

第二領域を徹底分析して夢に向かえ!aTimeLogger2で時間管理しよう。(実践編)

小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。 前回のあら...

記事を読む

新着記事

スノウロビンにジョインしました

スノウロビンにジョインしました 個人でアプリ開発をしつつ 、...

記事を読む

信号

フリー写真素材ぱくたそ 信号ってありますよね。 ええ、さようで...

記事を読む

とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。

弱い音と書いてよわねと読む。それはどんな音だろう? 先日リリースした...

記事を読む

あなたのiPhoneで、不思議な世界をのぞいてみませんか? タップだけの簡単操作で遊べるキュートでポップなアクションゲーム『こぱんたっぷAR』をリリースしました。

祝! こぱんたっぷARリリース! こちらの記事で告知したよう...

記事を読む

ARKitをつかったARゲームアプリ『こぱんたっぷAR』を9月20日にiOS11と同時リリースします。

こぱんたっぷARカテゴリ: ゲーム, アクション, エンターテイン...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

トラックバック用URL:

コメントフィード

  1. […] タスククエスト ースフィンクスの問いー […]




管理人にのみ公開されます

スノウロビンにジョインしました

スノウロビンにジョインしました 個人でアプリ開発をしつつ 、...

信号

フリー写真素材ぱくたそ 信号ってありますよね。 ええ、さようで...

とあるアプリ開発者の憂鬱。今日はいい天気だから、たまには弱音を吐いてみよう。

弱い音と書いてよわねと読む。それはどんな音だろう? 先日リリースした...

あなたのiPhoneで、不思議な世界をのぞいてみませんか? タップだけの簡単操作で遊べるキュートでポップなアクションゲーム『こぱんたっぷAR』をリリースしました。

祝! こぱんたっぷARリリース! こちらの記事で告知したよう...

ARKitをつかったARゲームアプリ『こぱんたっぷAR』を9月20日にiOS11と同時リリースします。

こぱんたっぷARカテゴリ: ゲーム, アクション, エンターテイン...

→もっと見る

PAGE TOP ↑